癒しの風ふうみの大和まほろば日記

『癒しの風ふうみ』は奈良県桜井市でヒーリング、ヒーラー養成を行っています。「風の巫女の会」も始動!

地球は、せつない星なのだから。

こんばんは! 奈良桜井の癒しの風ふうみです。

この秋の夜長、買って読めていなかった大量の本(笑)を、隙間時間に読んでいます。

最近読んだ中でグッと心残ったのが、タオのマスターkan.さんの『問題は解決するな』。2年前に出版された本です。クンルンネイゴンの覚者の本なので難しいかもと思いつつ、読んでみると、行間に流れるエネルギーがなんともやさしく、真理が書かれている本なのに、とても癒されました。
今日は、その中でじんわりハートに来た一節をご紹介します。

地球は、せつない星だと知る

「私なんて、全然ダメな人間だ」「自分には価値がない」

そういう自己否定は、よくないものだと一般的には言われています。

しかし私は、「自分はダメだ」と思うことは、とても重要な気づきだと思います。

変な自信や自己肯定感を持つよりも、今後変われる可能性が大きいからです。

そもそも、地球という星自体が幸せな星ではなく、どこから見てもせつない星ですから、そこに生きる人間も少し自信がないくらいでちょうどいいのです。

地球がせつない星だと言うと、違和感を持つ人もいるかもしれません。

「だって、こんなに美しい自然があるじゃないか」「人と愛し合うことができるじゃないか」と。

しかし、どんなに愛し合った人とも、いつかは必ず別れなければなりません。

どんなに美しい瞬間があったとしても、それは必ず失われてしまいます。

また、正しい者が必ず報われるとは限りません。

何より、どんなに幸せな人生だったとしても、誰もが必ずこの星を去っていかなければなりません。どんなにお金やものを手に入れたとしても、この星を去る時は何ひとつ持ってはいけません。

幸せな瞬間と身を切るような別れ。誰もが等しく、その二つを体験します。

さて、この星のどこがハッピーなのでしょうか。

私は、素直に「せつないなあ」と思います。

せつないものをせつないと思う。そして、自分自身なんて、ちっぽけでたいしたことのない存在だと思う。

しかし、すごくせつなくて、すごくはかない存在だからこそ、その反対側も素直に浮かび上がってきます。

花が一輪咲いているその一瞬が、最高に光る時間になり、愛し合うその体験が、得も言われぬ美しい瞬間になります。

せつないということは、それだけ幸せな瞬間があったということです。

愛する人や動物との別れ、好きな物事や時間との別れにせつなさを感じるのは、それだけ別れがたきものがあったということです。

人は幸せも、せつなさも、織り込み済みで生まれてきています。

生きるということには、喪失のつらさや別れの悲しみもあらかじめセットされているのです。だから、そのせつなさを無理に解決しようとしたり、乗り越えようとしたりしないことです。

悲しみもせつなさも、受け止めて、あきらめて、進むことです。

そうすれば、幸せだった時間がきちんと浮かび上がります。

いやだからと、誰にも出会わず、誰も愛さなければ、 別れのせつなさを味わわずにすむかもしれません。その代わり、ずっとひとりぼっちです。

もちろん、そんなフラットな生き方を選ぶこともできるでしょう。

しかし、どんなに自分がせつなさをしたとしても、いつかは自分がこの地球と別れるせつなさを味わわなければなりません。何よりも、そんな人生を充実しているとかおもしろいと思える人はいないでしょう。

であれば、このせつない星で生きる限られた時間に、出会いと別れ、幸せとせつない時間の方を思い切り味わいつくせばいい

それが、生きるということです。

本当に、地球はせつない星です。せつなすぎます!!(叫)
わたしも過去にせつないことがたくさんありましたし、お客様のお話を聞いていても「それはせつなすぎる!」と思うことが、しょっちゅうです。宇宙の真理で言えば、様々な因果の法則(出したものが返って来る)により出現した事象なのでしょうが、「それはしんどい」「そんな辛い思いをする必要ある?」と思うこともよくあります。

スピリチュアルヒーリング 癒しの風ふうみ

今日も、夕飯時、食卓に夫を呼んだら、座って涙をぽろぽろこぼして泣くので、どうしたのかと聞いたら、数年前に自殺した妹のことを急に思い出したそうで「何か、いつも足りない」と言うのです。いつもは忘れているけれど、何年経っても、彼女を失った悲しみ・喪失感は完全に癒えることはないのでしょう。死んでしまった人には、同じ肉体ではもう会えない。地球の法則では決まっていることですが、本当にせつない話です。

でも、わたしたちはこの地球で「ああ、せつない!」と時々ぶつくさ言いながらも(笑)、kan.さんが言うように、あきらめて、できる限りの体験をしっかり積み重ねて生きればいいのでしょう。

そうしたら、最後、せつなくても、歓びの中で次の転生にいけるのではないかと思っています。

せつない秋の夜長に。

ありがとうございます。

---

奈良のヒーリングサロン 癒しの風ふうみ 公式サイト →
---

∞ “歓丹(かんたん)ヒーリング” 講座のご紹介

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、日本ならではのオリジナル・ハンドヒーリング。魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法。宇宙の根源と繋がり、自分の本質とも繋がって行う奇跡の手当て法です。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、1日でヒーリングが学べるマンツーマン講座『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。こんな時代だからこそ、“癒し”は本当に大切です。自分や自分の大切な人の心身ケアに『歓丹(かんたん)ヒーリング』を使いましょう!

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net

《随時更新中》癒しの風ふうみ 最新予約状況

◎現在のご予約受付状況について
(最新版:2022年11月13日更新)

癒しの風ふうみの最新のご予約受付状況をお知らせします(当サロンは完全予約制です)。

現在、対面セッションも遠隔セッションも通常通り行っております。
歓丹ヒーリングの講座も随時受付中です。

本日現在、11月は満席となっており、12月の空きは
12月2日(金)12月6日(火)13:00~12月13日(火)12月15日(木)
以降は、12月22日以降が数枠空いております。

なお、12月30日(金)~1月3日(火)と、1月10日(火)~1月15日(日)は冬期休暇をいただきます。

※ お急ぎの方は、お申込み時に急ぐ旨をお書きいただき、日程をご相談ください。可能な範囲で調整させていただきます。

癒しの風ふうみ 公式サイト →

自分より大切なものはない。何より、ご自愛を!

こんにちは! 奈良桜井の癒しの風ふうみです。

11月に入り本格的に寒くなってきましたね! 日本海側育ちで冬生まれのわたしですが、寒いのは大の苦手で、毎日うちのカカさん(シャムミックスの猫男子で寒いのが非常に苦手)と一緒にストーブの前にかじりついております。早く春が来ないかな~!まだ冬も来てないですけど(笑)。

最近は昼と夜の寒暖差も大きいので、わたしも先日、昼間に汗をかいて夜冷えたまま寝てしまい、軽い風邪をひいたりしていました。

みなさんはお元氣にお過ごしでしょうか?

奈良のスピリチュアルカウンセリング 癒しの風ふうみ

寒くなってくると、日照時間が短くなって、気分が滅入ってきてウツっぽくなる人も多くなります。当サロンのお客様でも、「最近元氣が全然出ない」「毎日気分が滅入ってウツっぽい」…と言われる方も増えてきまました。

日照時間が少なくなると、日光に当たる時間も少なくなり、ビタミンDが生成されず免疫も下がりやすくなります。セロトニン(快感・喜びを感じるホルモン)も不足がちになるので、氣分が滅入ってきやすくもなります。

しっかり朝の太陽の光を浴びて、体を動かすこと。そしてビタミンDは積極的にサプリなどでも摂っていって、あたたかくお過ごしください。
(わたしのおすすめサプリは、高城剛さんが一択でおすすめされていて iHerbでも買える Vital Nutrients のビタミンD3 。売り切れの時が多いのですが、在庫があるようなら購入がおすすめです。血中ビタミンD3濃度はコロナの発症や重症化とも関係する論文も出ています。わたしは秋口から多めに飲んでいます。)

そして、今ちょっと元氣のない人に、メイコさんのメッセージをシェアします。


www.youtube.com

本当に、自分より大切なものなんてありません。
周りがどうであれ、周りの人がどうであれ、社会や政治がどうであれ、地球がどうであれ、あなたはあなたを生きればいい。そして、大切なものを大切にして生きればいい。

あなたは宇宙にたった一人しかいない大切な存在であるということを忘れないでください。
あなたは、宇宙からも愛され、祝福されているということを忘れないでください。

今は、寒くつらい時期であったとしても、必ず光は射してきます。
あきらめないでください。あなたの未来は、今から新しく創り出していけます。

あなたの守護存在は、あなたをいつもあたたかく見守り、そして、宇宙はあなたを絶対的に愛しています。

---

奈良のヒーリングサロン 癒しの風ふうみ 公式サイト →
---

∞ “歓丹(かんたん)ヒーリング” 講座のご紹介

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、日本ならではのオリジナル・ハンドヒーリング。魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法。宇宙の根源と繋がり、自分の本質とも繋がって行う奇跡の手当て法です。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、1日でヒーリングが学べるマンツーマン講座『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。こんな時代だからこそ、“癒し”は本当に大切です。自分や自分の大切な人の心身ケアに『歓丹(かんたん)ヒーリング』を使いましょう!

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net

【10名限定】バグ修正プログラムμ(ミュー)、モニター募集!

こんばんは! 奈良桜井の癒しの風ふうみです。

10月になりました。
隠されていた裏の話や真実が最近どんどん公になってきていて、新しい時代へ変わる動きを感じられる一方で、今も世の中は混沌としています。世界はこれからさらに混乱に突入していくかもしれません。自分自身のセンターにしっかりアンカーして、周りの多くの情報に振り回されたり埋もれたりしないようにしましょうね!

昨日、ある本を読んでいたら、総務省の情報流通センサス報告書(情報流通インデックス)の図が載っていて「私たちが日常的に触れている情報量は10年前と比べると530倍になっている」と書かれていました。データが古く平成18年(2006年)の表だったので、ネットで最近のデータを検索してみました。そしたら、2002年のインターネット全体の情報量を10とすると、2020年の情報量は、なななんと、6,000倍になっていました。ビックリ! この18年でわたしたちが触れている情報の量は6,000倍になったってことです。ちょっと前に「現代の1日の情報量は江戸時代の1年分」という話が話題になったことでもわかりますが、とにかくものすごい量の情報にわたしたちは日々されされているわけです。そんなに情報に触れていたら、本来の自分を保つのはむつかしくなってしまいそうですよね。敏感な人は特にそうでしょう。

最近のクライアントさんは、頭がいっぱいになっている人がとても多いのですが(ほとんどかも)、ひと昔の頭がいっぱいになっている人と今の人はだいぶ違っていて、「考え事をたくさんしている」「仕事が忙しくマルチタスクで仕事をしている」という方は意外と少なく、多いのが、自分にとってはいらない情報(例えば、テレビの情報番組やネットでつらつらと流れているもののたぐい)が頭にたくさん付着している人です。

特に、人間は受動的になっているとき(主体的に目的があって調べ物をしていたり、オンラインレッスンなどを受けていたりするのではなく、なんとなく受け身で情報を閲覧しているとき)、意図せず不要な情報を自動的に受け取ってしまったり、その情報にコントロールされたりしやすいです。

たくさんの情報にさらされていると、それに翻弄されたり混乱させられたり、本当に正しい情報にかえってたどり着けない状況にもなっています。その、本当は不要だったり虚偽だったりする情報に翻弄されて処理しているうちに、本当に自分がやりたいことがわからなくなってしまう場合も多いでしょう。急激に一気に流れる情報が増えたので、現代人には、情報(+電磁波)の受け取りすぎは危険という認識が、まだ育ってないのです。

そういった自動的に流れてくる情報だけでなく、わたしたちはいろんなエネルギーの影響を受けています。
他者からの思いや念、支配者層の意図、インプラント(脳内コントローラー)など、目には見えないからこそ、自分で氣付きにくく、やっかいかもしれません。今はやりの(?)宗教団体による洗脳もそうですね。本人にとってはそれが真理であり伝えられたことが全てだと思いこんでいます。それに自分で氣付き脱するのは本当にむつかしいです。

そんな世の中の流れもあり、季節のキャンペーンとして『バグ修正プログラムμ(ミュー)』のセッションをリリースしました。
先着10名の方には、モニター価格で施術させていただきます。

 

関西でヒーリングなら、奈良の「癒しの風ふうみ」へ


このセッションは、大量の不要情報のリリースだけでなく、頭の中やエネルギー体の中にある、ウイルスやプログラムのバグを修正したり、インプラント(大脳コントローラー)を除去するヒーリング・プログラムです。

「最近、自分らしくないような氣がする」
「頭の中がいっぱいでずっとモヤモヤしていて、何も考えられない」
「自分の意思でないことを時々無意識にやってしまっている。何かにコントロールされてるような…」
「スマホ中毒で、毎日ずっとスマホを見ています…」
「本当は自分がどうしたいのか、自分なのに本心がわからない」

そういう方は、実は、心身のどこかに何らかのプログラムエラーを起こしている可能性があるかもしれません。また、外部からのウイルス的なエネルギーの影響を受けていたり、インプラント(脳内コントローラー=チップのようなもの)を埋め込まれていたりする場合もあります。過去世で何か仕掛けられてたり自身で設置したものが発動していることもあるかもしれません。(例:陰陽師だった時に敵方から何かのマントラ的な言霊を埋め込まれた。シャーマン時代に精霊との誓約を刻印した etc)

そういった、目には見えないプログラムのバグを修正し、不必要なエネルギーの除去も行います。
主にシリウスとプレアデスの叡智を使用した、エラー修復のプログラムです。

リピーターの方も、初めての方も、どなたでも受けていただけます。
宇宙の高次エネルギーを使ったオリジナルのバグ修正プログラムをぜひご体験ください!

10名の方にモニター価格で施術させていただきます。定員になり次第モニターは締め切ります。
定員となりました。ありがとうございました!

---

[「バグ修正プログラムμ」で主にせていただくこと]
あなたに必要なヒーリング・プログラムが自動展開されます。

■ 生体エネルギーのエラー修正、バグ修正
■ ウイルスの除去(三次元的なウイルスではなく、霊的・エネルギー的なもの)、不自然なエネルギーコードを除去
■ エネルギー体に埋め込まれたインプラント(大脳コントローラー、チップ)の除去
■ エネルギー詰まりのチェック・浄化、流れの促進
■ ダメージを受けているエネルギー体やDNAの修復
■ 自己防衛のための壁・鎧の除去
■ 地球の高次グリッド(キリスト意識グリッド)への接続 など
-------------------

お申込み、詳細は以下のページからお願いします。
『バグ修正プログラムμ』モニターの詳細・申し込みはこちら

モニターは定員となりました。ありがとうございます。
正式リリースしましたので、お申し込みはこちらからどうぞ!

 

初めての方も、リピーターの方も、このスッキリさを体験・体感してみてください。

宇宙にたったひとりの大切なあなたに。
いつもありがとうございます。

---

癒しの風ふうみ 公式サイト →
---

∞ “歓丹(かんたん)ヒーリング” 講座のご紹介

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、日本ならではのハンドヒーリング。魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法。あなたの本質と繋がり、相手の本質と繋がって行うシンプルなヒーリングです。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、1日でヒーリングが学べるマンツーマン講座『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。理論や手順より、体感覚・体験を大切にしています。自分や家族の心身ケアに『歓丹(かんたん)ヒーリング』をご活用ください。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net

神道作法の講座が、10月から始まります!

こんにちは! 奈良桜井の癒しの風ふうみです。

一雨ごとに秋らしい気候になってきていますね。風にたなびく稲穂や田んぼの上に飛び交うトンボや野鳥たちを見ていると、日本という国の美しさをしみじみ感じます。この辺りではもしかしたら1000年以上前からこのような風景が広がっていたのかもしれません。

さて、この10月「風の巫女養成講座」がスタートします。

この講座は、神道作法、瞑想、神社学、舞など、ゲスト講師陣を迎え、通年で講座を開催していきますが、その第一講として「神道作法講座」を開催します。

神前作法や神社の参拝の仕方などは、「必ずこうしなければならない」というものではないですし、こだわりすぎる必要はないとわたしは思っていますが、作法の意味や形も知らないで礼節もわきまえず関わるのは氣持ちがいいことではありませんし、礼を持ってお参りなどをすることは、自分自身も周りの人も、そして神々も氣持ちのよいものだと思います。美しい所作に神や自然も感応します。

巫女養成講座 奈良県桜井市

現在の日本で神道の作法を学ぶには神道系の大学に行くしかなく、一般人向けの神道作法講座はほぼ開催されていません。

今回、わたしの舞の師匠である、太礼道神楽伎流(たいれいどうかぐらぎりゅう)の宗家である久世東伯(くぜとうはく)先生に、基本的な神道の作法や神との付き合い方などの講座をしていただけることになりました。

わたしが中心となりさせていただいている「風の巫女の会」の活動趣旨に合わせて、神前での作法、祝詞の読み方などの実践的な指導をしていただきます。
純なる魂のまま、自然・神々と繋がるための作法を身に付けてまいりましょう。

神職・宗教家ではない一般人が、神道の作法を修練できる機会・場は、現在ほぼなく、大変貴重な機会です。

神々と繋がり、深く長く神道の世界で生きてこられた東伯先生の活きたお話を聴ける、またとない機会でもあります。
神と向き合う心得から、日常の作法まで、しっかり学びます。

このイベントは「風の巫女の会」主催で行いますが、一般の方もご参加いただけます。(会員になっていただくと、受講料が割引となります。)

  • 神様・神社が大好き!
  • きちんとした基本の神道作法を身に着けたい
  • 神々との交流を深めたい

という方は、ぜひご参加ください。毎月1回×3か月の3回で完了する講座です。各日先着10名限定ですので、ご興味のある方はこの機会にぜひご受講ください。

 

風の巫女養成講座
<第一講「神道作法講座」 基本的な神道の作法、神との付き合い方を身につける>

◎久世東伯先生 プロフィール
太礼道神楽伎流(たいれいどうかぐらぎりゅう)宗家 丹阿弥。
1990年より京都伏見の稲荷山の神仙「白翁老」より「イナリフトノリ」の開示を受け、その後、数々の神秘を体験、古代日本の神聖美を追求し、神能玄舞を感得。2006年に京都にて太礼道神楽伎流を旗揚げ。以後、数々の太礼神楽の祭礼を執り行うと共に、神楽舞の動きを基礎にしたワークの伝授のため教室を展開。同時に講演活動、執筆活動に従事している。
著書『イナリコード』『イナリコード外伝 日本の霊性、最後の救済』(今日の話題社) 

---
◎講座構成
4時間×3回(月1回開催×3か月間)
(お話の流れがありますので、3回とも受講する通し受講をおすすめしますが、1回単位でも受講可能とします。)
---
◎講座日時と内容
※同月の内容は同じです(参加したい日を平日か土日か選んでご参加いただけます)。 


★第1回講座 『神と魂の結び』
( 神の存在、生命の本質、神界・霊界・幽界・現界の関係性)
※神前作法《その1》/参拝方法、心の構え、姿勢(心身統一・息氣・素我・夢見・言魂)、歩行、膝行、拝礼など)

・10月23日(日)12:00~16:30
・10月25日(火)12:00~16:30

★第2回講座『妙精と息氣』
(祝詞の本質、神天の采配、神事と気候、風の意図、氣と意識、丹田と呼吸、天地の和合、入魂法など)
※神前作法《その2》 /日常儀礼、禊斎、玉串の意義と作法、誓契、拝礼法、祝詞など 


・11月17日(木)12:00~16:30
・11月20日(日)12:00~16:30

★第3回講座『風と水の時代』
(神巫/巫女・玉依・言代・神籬、生まれ清まわり、神意の取り継ぎ、龍神の采配、風の巫女など)

・12月3日(土)12:00~16:30
・12月8日(木)12:00~16:30

---
◎受講料金
・全3回(月1回×3日)通し受講:
風の巫女の会」会員、「太礼道神楽伎流」会員/ 35,000円、一般(非会員)/40,000円
・1回(1日)受講:「風の巫女の会」会員、「太礼道神楽伎流」会員/  14,000円、一般(非会員) 18,000円
※受講料は当日払いです(現金のみ)、通し受講の方は第1回受講時にお支払いください。
---
◎定員
各回10名(定員となり次第〆切)
---
◎会場
コミュニティホール桜井
奈良県桜井市、桜井駅から徒歩5分
(詳細の場所や、駅からのルート・駐車場など詳しくはお申込後にお知らせ)
-------------------

お申込み、詳細は以下のページからお願いします。
風の巫女養成講座の詳細・お申込みページ

 

どなたでもお氣軽にご参加ください。ご縁を愉しみにしています。
ありがとうございます。

宇宙にたったひとりの大切なあなたに。
いつもありがとうございます。

---

癒しの風ふうみ 公式サイト →
---

∞ “歓丹(かんたん)ヒーリング” 講座のご紹介

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、日本ならではのハンドヒーリング。魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法。あなたの本質と繋がり、相手の本質と繋がって行うシンプルなヒーリングです。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、1日でヒーリングが学べるマンツーマン講座『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。理論や手順より、体感覚・体験を大切にしています。自分や家族の心身ケアに『歓丹(かんたん)ヒーリング』をご活用ください。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net

感情の禊ぎ、魂の禊ぎのとき。

こんばんは! 奈良桜井の癒しの風ふうみです。

毎日暑い日が続いていますが、みなさま元氣でお過ごしでしょうか。

世の中の情勢はますます不穏になっておりますので、周りに意識を合わせすぎないよう、自分の中心の愛や光に意識を向けて過ごしてくださいね。今の時期、集合意識や人の想念体が重苦しいことになっておりますので、敏感・繊細な人は、普通に生活したり外出したりするだけでも、つらいかもしれません。土用の期間(季節の変わり目)であり、さらにライオンズゲートがオープン中で天界からの浄化エネルギーが大量に注がれていますので、今まで抑え込んでいたヤバいもの(感情、邪気、カルマ、思考・想念など)が噴出している方々も多いです。隠されてきたものも、隠しきれなくなり、これからさらに開示されていくようになるでしょう。わたしたちは、できるだけデジタルデトックスをして(テレビ・スマホはできるだけ見ない!)、自然の中に行ってリラックスしてください。自然は宇宙といつも連動・共振しています。自然の中にいれば、宇宙と連動していた自分を取り戻しやすくなります。

禊ぎをするなら癒しの風ふうみの浄化セッション 奈良のヒーリングサロン

そして、夏はやっぱり海がおすすめ!
海のパワーはすごいです。自分以外の余計なものは、海水で浄化、そしてビーチの砂浜に埋まって砂浴やアーシングで浄化!です。朝早くにビーチを散歩もいいですね。熱中症には氣をつけながら、愉しんでくださいね。海に浮かんでいると、世の中のアレコレや自分の悩みもアホらしくなっていきますよ~!

---

さて、先日本棚を整理していたら、ヒーリングの世界に入ってすぐの2010年頃に、様々な先生のセミナーを受けまくっていた頃のノートの束が出てきました。その頃は、「2012年に1か月だけスターゲートが開き、その時準備ができた人はアセンションする」「もうすぐ物質世界が終焉し、光の世界がはじまる。人は半分霊的な存在になって、肉体を脱ぐ人も出てくる」とか、今となっては「え?」なことが書いてあって愉しく読めました(笑)。当時はアセンション話が大流行で、そんな未来予測をしていた有名人の先生方は知らないうちに消えていかれました。もしかして、先にアセンションしちゃったのかもしれません( *´艸`)

一方で、現在も活躍されている先生方の講義ノートは、今読んでもとても新鮮でした(未来についての記述はほぼなし。未来は不確定要素が高いので、目覚めている方は未来の予測はされないのでしょう)。その中に、メンターの一人だった先生の講義ノートがあり、今読み返してもためになるお話だったので、読者のみなさんにもシェアします。

---

◎感情の禊ぎ、魂の禊ぎ
ヒーリングでは、入れることより、抜くことのほうがずっと大切。
カルマ・トラウマなどの浄化が非常に大切。過去世でどんな感情を残したのかがDNAに残っている。ネガティブな感情の積み重ねが今の自分の足を引っ張っている。

◎潜在意識は、顕在意識の40万倍の力がある

潜在意識の中に横たわる絶望感・悲しみなどの感情が何かというのはとても大事なこと。たとえば、前世からの持越しになっているカルマやトラウマ。
それを知るにはヒントがあって、身近な人(家族やパートナー)との関係性、苦手な人との関係性の中に現れる。身近な人で特に「どうしても許せない」「氣になって仕方がない」という人がいる場合、そこに越えなくてはいけない大切なヒントがあるのです。

◎ネガティブな感情は、感じ尽くす、味わい尽くすことで浄化される

出てきた(過去世などから持ち越してきた)感情を浄化・昇華するには、それを誰のせいにもせず、じっと感じること。感情のひとつひとつを感じ尽くす、見て味わい尽くすことが大切。
体の中に感情は記憶を保持している。まずは、自分の体の氣になるところと対話をすること。体の中でも特に、第一チャクラ(仙骨、基底部分)には感情のカルマがとどまっていることが多い。原因のわからない病気、例として、うつ、ガン、引きこもり、心の病気などは、ここのしっかりとした浄化が必要。

◎人間の本能に「触れてもらいたい」「泣きたい」という思いがある

「ふれる」「さわる」という行為は、人間にとって非常に重要。誰にも触れられなかった赤ちゃんは何の問題がなくとも1か月足らずで死んでしまうという話もある。
素肌に手で触れると、神経伝達物質(例:幸福感を与えるセロトニン、幸福感・悦びをもたらずエンドロフィン、達成感ややる気・行動力をもたらすドーパミンなど)が大量に出て、感情に作用する。なので、マッサージやヒーリングは心身の癒しに効果的。そして、本人の性格がポジティブに変容する(一時的な感動と違って元の感覚にも戻りにくい)。

◎集合意識(=神々のカルマの反映)を癒すために

人類の集合意識の底には「報われない」という悲しみの感情がある。特に女性は、イザナミ神の感情の残留(カルマ)で、勝手に一人で我慢している人が多い。女性が我慢しないことは、カルマを解消するためにも大切なこと。
女性は感情認知脳を持っているので、相手の空気・想いを感知し読み取るモードになってしまいやすい。素直になって我慢をせず、「わたしは、〇〇〇だから悲しい」と自分の気持ちを素直に表現していくことが大切。とにかく我慢するのはよしましょう。それが深い集合意識のカルマ解消ともなる。また、男性は、「戦う」というカルマを解消することが大切。

◎覚醒とは

覚醒とは、全ての出来事の絶対肯定である。宇宙は体験したいから体験しているし、その出来事も必要であるから起こるべくして起こっている。
覚醒とは、真実・真理を高次元の視点から見ることができること。
覚醒すると、「不安」や「恐れ」はなくなる。
なぜなら、世の中全ては “かんちがい” だからである。つまり、人それぞれの思い込みで成り立っているのである。みんな かんちがい しているのだから、くよくよ思い悩んでも仕方ないのである。

◎カルマ浄化には、感情がキー

感情を吹き出させるということは、カルマ浄化にとても大切な課程である。例えば、憎しみ。憎しみの感情を抱くと骨がゆがみやすい。

◎深く愛し合うことで本来の自分に戻ることができる

愛し合う相手とセックスで本当のエクスタシーを得ると、極が統合されて、一つとなり、ゼロポイント状態になる(真実の愛に触れられる)。真に愛し合う二人が愛し合うと、魂は十段階アップすると言われている。双方が本来の状態(魂そのものの状態)に戻ることができ、第一チャクラにたまったカルマが完全に消去される。高次元レベルで、相手を完全に理解できる。愛とは、「集中力」と「理解」である。(詳細は本「なぜ性の真実セクシャルパワーは封印され続けるのか」や「タオ・コード―老子の暗号が語り出す 性の五次元領域から迸る秘密の力を参照)

----

このセミナーから10数年。真理というのは、時代を経ても変わらないのだと思います。今の時代は、表題の通り、まさに「感情の禊ぎ、魂の禊ぎ」の時なんだと思います。

世の中は混沌としていますが、「感情の禊ぎ、魂の禊ぎ」をして、自分自身(の中心)にしっかりアンカーしていれば、流されてアップアップすることもありません。
いつも自分自身と繋がって、たとえ大きな波が来たとしても、それを愉しんで乗ってまいりましょう。
人生にも世界にも宇宙にも必要なことしか起きないからです。どんな困難や問題が出てきたとしても、それは乗り越えられるからこそ起こっています。

宇宙にたったひとりの大切なあなたに。
いつもありがとうございます。

---

癒しの風ふうみ 公式サイト →
---

∞ “歓丹(かんたん)ヒーリング” 講座のご紹介

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、日本ならではのハンドヒーリング。魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法。あなたの本質と繋がり、相手の本質と繋がって行うシンプルなヒーリングです。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、1日でヒーリングが学べるマンツーマン講座『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。理論や手順より、体感覚・体験を大切にしています。自分や家族の心身ケアに『歓丹(かんたん)ヒーリング』をご活用ください。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net

未来の家族の健康の鍵を握っているのは、あなた。

こんにちは! 桜井の癒しの風ふうみです。

最近、身近なところで、発酵(醗酵)の一大旋風が巻き起こっておりまして、発酵食品のワークショップやセミナーを開催したり、参加したりで、自分自身も発酵(発光)しまくっております~! うちの冷蔵庫の中も、お味噌やいろんなお漬物(ぬか床もいろいろなタイプを実験中!)、甘酒などでぎっしり(笑)。ちなみに、発酵=発「光」らしく、ある研究者のお話だと、発酵食品を摂っているいる人は本当に光を発しているそうです。

いろいろなお話を聞くにつけ、日本人と発酵食は切っても切れない長い関係性があり、腸内環境が体や心を大きくコントロールしていて、健康に大きなかかわりがある、ということが、しっかり腑に落ちました。発酵(腐敗ではなく)は、目に見えるところだけでなく、見えないところにプラスの大きな影響を与えるのです。

腸の調子がよくなれば、病気にはならないし(病気も治る)、心も健康でいられます。
そんな情報が、最近は本や動画などでも、探せばたくさん出てくるようになりました。ですが、地上波のテレビで全く出てこないのは、スポンサーの関係もあるでしょう(加工食品や製薬会社、化学製品を作るメーカー、コンビニ・スーパーなどのチェーンがスポンサー)。日本の報道は本当に偏っているので要注意!です。

わたしたちはもっと賢くならないといけません。特に、家族の健康の鍵を握っているのは家族の食を担う女性です。この前、お話を聞いた、Hakkoushaの開発者である豊城さんも、「現代人のひどい食環境でも、希望がある。それは、女性です。女性は本能的に真理を知っているから。」と言っておられました。わたしたち女性が目覚め、本当のことをよく知り、食生活を整えていけば、いくらでも社会は変わっていくと思います。社会の最小単位は家族。家族という小さな単位でのあり方が変われば、世界も変わっていくのです。

コンビニやスーパーのお惣菜などの加工食品は、本当にヤバいシロモノです。うちの夫(ブラジル人)はブラジルのサッカースクール卒で栄養学的な知識はゼロですが(笑)「コンビニのゴハンは食べ物ではナイ」と言っています(鋭い!)。加工されすぎていて、添加物もてんこもり。スーパーやコンビニに並んでいるものを食べ続けて病気になっている人、実は多いかもしれません。ちなみに、夫の国ブラジルでは、「日本人は死んでも腐らない」と言われているらしく、それは「非常に清潔(で腐敗しない)」ということを揶揄した話なのでしょうが、「薬品・添加物類をたくさん使っている(+食べている)」というイメージもあるのかもしれません。

もうすぐ参議院選挙ですが、参政党の共同代表の吉野先生(よしりん)が、わたしは前々から大好きでして、彼の著作やYoutubeをよく見ているのですが、彼の食のお話はとてもわかりやすく、共感します。

当初ご紹介していた動画が次々に閲覧できなくなりましたので、別の方のチャンネルから関連動画をいくつか紹介しますね。

 


www.youtube.com

 


www.youtube.com

 

もうおひとり、こちらもわたしが大好きな、イーハトーブ心身統合研究所  清水 友邦さんのFacebook投稿から、有名なお話をシェアします(一部抜粋です)。

食の文字は人に良いものと書きます。


料理は新鮮な生きた食材を調理していただくのが基本ですが、自給自足の生活から工業化社会になって共稼ぎで忙しくなると、防腐剤が入った日持ちがする食品を買いだめして食べるようになりました。
昔の人々の病気は食事を改善すると治癒する人が多かったのですが、戦後になって伝統的な食生活から欧米型の食事に変わると病気が治りにくくなったとの医者の証言があります。


生命力がある食材はオーラがあります。
健康で元気でいたい人は、オーラがあるものを食べると良いのです。
しかし、体を壊す人々は何日たってもカビも生えない腐らないオーラのない食品を食べている人が多いのです。
市販の弁当の裏を見ると、様々な食品添加物が入っています。


1調味料(アミノ酸等)
2pH調整剤
3酸化防止剤(V.C)※ビタミンCのこと
4ベニコウジ色素
5酵素
6香辛料抽出物
7増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)
8グリシン
9乳化剤
10カロチノイド色素
11タール色素
12亜硝酸Na

食品表示が改正されて食添加物に対する「人工甘味料」「合成保存料」の表示は2022年から人工と合成の使用ができなくなりました。

「無添加」表示の規制強化 消費者庁、違反時には罰則 企業戸惑い、一部の消費者団体は反発」東京新聞
https://www.tokyo-np.co.jp/article/168798

添加物は厳格なルールによって作られたもので制限もあり使用されるのは微量なので安全だと擁護する人がいます。
食品添加物を使用する食品会社の人もいるので食品添加物=悪と言われると自分が否定されているように思う人もいるでしょう。
人工甘味料のチクロは1968(昭和43)年に発がん性や奇形の疑いがあるということで使用禁止になりました。
しかし、すぐに禁止すると損害が大きいので7ヶ月間先送りされたことがありました。
健康よりも経済の方が優先されたのです。
安全だと認可されて食品に頻繁に使われて、その後、発ガン性があることが判明して認可が取り消された添加物は50品目以上あります。
今は安全と認可されている添加物でも、のちに毒性が認められて、使用禁止になる添加物が出てこないともかぎりません。
亜硝酸Naは発色剤としてハム・ソーセージによく使われますが動物性蛋白に含まれる天然の第二級アミンと摂取すると発癌物質を発生させてしまうということが知られています。それと、タール色素赤色102号は日本の食品衛生法で認められてタラコなど沢山の食品に使われていますが合成保存料として使用される安息香酸ナトリウムと摂取すると注意欠陥障害や多動性障害の疑いがあるとしてイギリスでは自主規制の対象になっています。
組み合わせによってはまだ知られていない様々な危険性が起きる可能性があるのです。
ちりも積もれば山となるで「日本人の食品添加物摂取量は年間4kg」になります。
日本で認可されている食品添加物は360種類でこれに天然添加物450種類を加えると合計810種類です。
食品添加物の数だけ言えば不名誉な世界一です。
ちなみに、アメリカ133品目、ドイツ64品目、フランス32品目、イギリス21品目となっています。
諸外国では禁止になっている食品添加物が日本では使われているわけです。


『癌』は身体に品物が山ほど溜まる病と書きます。
食品添加物は見た目の良さや日持ちにメリットを感じる人がいるので使われていますが、添加物が入った食べ物は正月とお盆と何か祝い事の日に食べるくらいにして毎日は食べない方が良いのではないでしょうか?
参考までに有名な記事を貼っておきます。

「賞味期限の切れたコンビニのお弁当やおにぎりを豚のエサとして食べさせたところ、一気に死産や奇形の子豚が増えた事件」
2004年5月31日発行「食卓の向こう側」西日本新聞社

二年ほど前、福岡県内の養豚農家で“事件”が起きた。
母豚のお産で死産が相次いだのだ。やっと生まれたと思ったら、奇形だったり、虚弱体質ですぐに死んだり。
透明なはずの羊水はコーヒー色に濁っていた。
「えさだ」。ピンときた農場主は、穀物など元のえさに変えた。
徐々にお産は正常に戻ったが、二十五頭の母豚が被害に遭い、農場主は生まれるべき約二百五十頭の子豚をフイにした。
母豚が食べたのは、賞味期限が切れた、あるコンビニの弁当やおにぎりなど。
「廃棄して処理料を払うより、ただで豚のえさにした方が得」と考えた回収業者が持ち込んだ。
期限切れとはいえ、腐っているわけではない。
「ちょっとつまもうか」と、農場主が思ったほどの品だった。
肥育用の子豚に与えれば、肉質にむらがでる。そこで母豚に、それだけを毎日三キロ与えた。
農場主の計算では月二十万円のえさ代が浮くはずだったが、百十四日(豚の妊娠期間)後、予期せぬ結果が待っていた。
原因はわからない。だが、予兆はあった。与え始めて間もなく、母豚がぶくぶく太ったのだ。
すぐに量を減らした。
豚の体の構造は人間に近い。
「人間でいえば、三食すべてをコンビニ弁当にしたのと同じこと。
それでは栄養バランスが崩れてしまう」と、福岡県栄養士会長で中村学園短大教授の城田知子。
一般的なコンビニ弁当は高脂質で、濃いめの味付け、少ない野菜。毎食これで済ませたら…。
二〇〇三年のコンビニ業界の市場規模は約七兆三千億円。
全国に一万店舗を展開する業界最大手のセブン―イレブン・ジャパンの販売構成比を見ると、弁当、 総菜、パン、清涼飲料水、カップラーメンなど四分の三が食品だ。
平和が戻った養豚農家。昨年は約二千頭の子豚が、母豚の腹から当たり前のように生まれてきた。「豚体実験はもうこりごりだ」。
農場主はうんざりした顔で言った。(転載終了)

「食」はわたしたちが生きる上で、大切な要素です。
わたしたち女性ひとりひとりが、真実を知り、本当の知識を身につけ、かしこく生きること。カロリーではなく、ちゃんとエネルギーのあるものを食するようにしましょう。

加工食品を買わなくてはならない場合は、裏面の表示をちゃんと見ること(添加物の種類や見方も知る)。信頼できる生産者さんから農作物を買うこと。自分で調理すること。さらに言うなら、自分で野菜を育てるとさらにベターですね。最近はプランター栽培、バケツ栽培も密かなブームになっています。ガッテン農法の三浦さん共著の、以下の本もとってもいいですよ~

やさいがよろこぶ、なちゅらるプランター 小さな大地から始まる物語

 

まずは、身近なところからはじめましょう。
様々な循環のサークルの中でわたしたちは生きています。その小さなサークル(=家庭)を自然なものに戻していくことが、大きな変化のスタートです。

いつもありがとうございます。


↓ちゃんとエネルギーのある食べ物を扱っているオーガニックマーケット。2回目は7月10日(日)開催。10:30スタート予定です。わたしもいます。はじまりの地で、落ち合いましょう。

---

癒しの風ふうみ 公式サイト →

---

∞ “歓丹(かんたん)ヒーリング” 講座のご紹介

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、日本ならではのハンドヒーリング。魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法。あなたの本質と繋がり、相手の本質と繋がって行うシンプルなヒーリングです。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、1日でヒーリングが学べるマンツーマン講座『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。理論や手順より、体感覚・体験を大切にしています。自分や家族の心身ケアに『歓丹(かんたん)ヒーリング』をご活用ください。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net

【終了:次回は11月13日です】はじまりの地で、落ち合おう~三輪はじまりマーケット、7月10日(日)大神神社参道で第2回開催!

終了しました!ありがとうございました。
以降は、毎月第二日曜日に開催しています。次回は、11月13日(日)に開催です。三輪でお待ちしています~!
→三輪はじまりマーケット公式サイト

---

こんばんは! 奈良桜井の癒しの風ふうみです。

前回ご紹介した、桜井のオーガニックマルシェ「三輪はじまりマーケット」の第二回目が7月10日(日)に開催されることになりました。

三輪山の麓、大神神社参道沿いにて、人とヒトとのつながりを大切に『永続可能なオーガニックライフを目指したコミュニティマーケット(市場)』です。

無添加・オーガニック・自然食・ビーガン・グルテンフリーなどで作られた食品たちと、農薬化学肥料不使用・自然農などの作物、そしてこだわりの手仕事、身体に優しいグッズなどのお店が出店。今回は、前回よりさらに出店ブースも増え、今後は30店舗くらいになる予定とのこと。

大神神社参拝もかねて、ぜひおでかけください。
ふうみも「また」スタッフとしてかり出されております(前回はテントの設営までする羽目になりました…笑)。来られた方は、お氣軽に声をかけてくださいね~!

三輪はじまりマーケット 桜井市大神神社参道で開催されるオーガニックマルシェ

---

⛩ 日時
7月10日(日)
10時30分〜15時30分(開始時間は前後する場合がございます)


⛩ 会場
大神神社参道沿い 大神神社に向かって左側、第6無料駐車場右の駐車場️
南酒本舗参道店さんから二つ大鳥居方向の駐車場です。第6無料駐車場を目指してお越しください。

◉JR・近鉄線 桜井駅より徒歩25分(土日祝のみバス運行あり)
◉JR万葉まほろば線 三輪駅より徒歩3分

 

☆その他詳細は、以下の「三輪はじまりマーケット」公式ウェブサイトをご覧ください。

www.miwa-hajimari.com

公式サイトから、お店のラインナップをご紹介しますね!
(本日6/23現在の情報です。出店者は随時追加されます)

<出店者一覧> 

《お取り扱い》
⚫︎無添加・オーガニック・自然食・ビーガン・グルテンフリーetcで作られた食品
⚫︎農薬化学肥料不使用・自然農の作物
⚫︎こだわり素材のハンドクラフト
----
◆FOOD◆
⭐️oyatsu somaya㊗️初参加
動物性素材不使用の焼き菓子と無農薬無肥料の野菜

⭐️オルvegan sweets in NARA
小麦粉・卵・乳製品・不使用のヴィーガンスイーツや自家製ジュース
⭐️cafe KURURU ㊗️初参加
豆腐ハンバーグ弁当やサラダ玄米麺やグルテンフリーケーキやドリンク・自然栽培野菜・玄米粉など
⭐️CAFE-NeKKO
有機無農薬素材自家焙煎珈琲&ドリンク・スウィーツ・フード
⭐️葛をたのしむMikazuki+㊗️初参加
(葛のおやつと調味料)
⭐️すてない暮らしトットコ 
元気な食材の量り売りと雑貨
(パスタやナッツ・布コーヒーフィルターなど)
⭐️スパイスカレーpeanutspeanuts
オーガニックカレー
(重ね煮野菜・ジビエ鹿)
⭐️生活協同組合コープ自然派 奈良
お手頃な価格のオーガニック商品
国産小麦の無添加パン・季節のジャム・有機ジュース
⭐️宙coffee
オーガニック珈琲とヴィーガンおやつ
⭐️だいこくや㊗️初参加
自然栽培 紅はるかの焼き芋 紅はるか豆乳シェイク
⭐️土の香工房㊗️初参加
こだわり素材の醤油・味噌・米麹・奈良漬け・豆腐など
⭐️発酵茶 yin kombucha㊗️初参加
発酵茶コンブチャ 数種類
⭐️まつり香/季節の薬膳まいことこと
季節の薬膳お弁当・季節のおいなりさんなど
⭐️無農薬野菜たっぷり使用のオーガニックフレンチ 帝塚山ミルメルシー㊗️初参加
オムライス、ローストビーフBOX,等
⭐️三輪山てるてる庵
冷たいオーガニックノンアルコールビール(製造地ドイツ)
 
◆FARM◆
⭐️あさひやのおやこほうじ㊗️初参加
(無農薬自然栽培の薪火ほうじ茶)
⭐️ホリスティック自然ファーム
自然農法36年、病気にならない身体を作る野菜
甘夏・レモン・青菜類・玉葱・ジャガイモ・人参など
⭐️三輪山麓のハーブ農園 花咲
ハーブティーとハーブ雑貨
(農薬・化学肥料・動物性堆肥不使用)
 
◆PRODUCT◆
⭐️麻矢asa-ya
日本伝統工芸作物の精麻飾り・精麻アクセサリー
⭐️SalamToki.(サラムトキ)
布地の作り手と繋がりながら作る衣服・小物
⭐️紡生・tsumugi・
オーガニックコットンの布ナプキンや下着・ベンガラ染めの布小物と自然食品
⭐️Therese_テレーズ
レザークラフト(昔ながらの植物タンニンなめし技法)
⭐️malama ka aina㊗️初参加 
自然界とつながるレースアクセサリー
(パラグアイのニャンドゥティ•レース編みの技法)

---

今回もまた、地元のお店を中心に、普段は出会えない素敵なお店がたくさん!
また端から端まで買いにいきそうです(笑)。

三輪はじまりマーケット」は、単なるマーケット・マルシェではありません。
三輪という大切なはじまりの地から、いにしえから大切に受け継がれてきた大切なものを発信していきたい───そんな想いではじまりました。

食と農の重要性が叫ばれて久しい今、本当に大切な情報を知り得る機会が少なくなってしまいました。

オフラインでリアルに人が出会い、直接顔を向き合わせて話し合える機会はとても大切です。

三輪山の神々に見守られた場所で、次の世代へ胸を張ってバトンを渡せるような暮らしを見直し、人とヒトの心をもう一度、紡いでみませんか? 

7月10日は、三輪の地で集いましょう。はじまりの地で、落ち合いましょう。
いつもありがとうございます。

 

---

癒しの風ふうみ 公式サイト →

---

∞ “歓丹(かんたん)ヒーリング” 講座のご紹介

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、日本ならではのハンドヒーリング。魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法。あなたの本質と繋がり、相手の本質と繋がって行うシンプルなヒーリングです。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、1日でヒーリングが学べるマンツーマン講座『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。理論や手順より、体感覚・体験を大切にしています。自分や家族の心身ケアに『歓丹(かんたん)ヒーリング』をご活用ください。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net 

========

◎以前のブログ(ココログ)はこちらです↓↓
癒しの風ふうみの大和まほろば日記

動けば、未来は変わる。

こんばんは! 奈良桜井の癒しの風ふうみです。

あたたかな日が続き、新緑の美しい季節となりました。

風の巫女の会』の活動を3月にスタートしまして、『風の巫女の会』の定例会や舞の練習のため(5月に長野で太礼道の舞台があるのです)、当サロン近くの土舞台に行くことが多くなりました。土舞台では、今の季節だからこその、自然の命の芽吹きを豊かに感じることができます。今は、木々や草花や鳥・虫たちが春の宴をしているような躍動感を感じます。先日は桜が舞い散る中で体を動かしたり舞ったりしていましたが、それは美しい調和の世界がそこにありました。

さて、この春から新しい生活を始められた方、家族が進学・就職などで新天地に行かれた方など、生活に変化があった方も多かったのではないでしょうか。

一方で、「何の変化もない」「動きたいけど動けない…」という閉塞感の中で日々お過ごしの方もいるかもしれませんね。

宇宙の意思というのは、変化・成長・拡大、です。宇宙の真理からすれば、わたしたち人間も、変化し成長し、様々な体験をしていくことが、宇宙と連動して生きているということになります。変化・氣付きもなく、ただ日々を過ごすだけでは、宇宙に沿った幸せな生き方をしているとはいえないかもしれません。

止まっている感じがしている人、閉塞感の中にある人は、とにかく、少しずつでもいいので動いていきましょう!
自身が行動していかないと動きは生まれません。自らが動いていくことです。

そして、動くなら、「待たずに」スピーディに行動する。待つのではなく、すぐに動く。

「タイミングが来たら動こう」とか「誰かが誘ってくれたらやろう」「準備が整ったら始めよう」というのでは、起こるかどうかわからない不確定な何かに期待し依存しているだけで、結果、何も起こりません。「いつか変化のタイミングが来る」「誰かが何かをしてくれる」という「待ち」の姿勢は、運氣を下げます。

待っていてどうなるかというと、例えば、パートナーと幸せになる人生を夢見る人が、何もせず白馬の王子様を待ち続けた結果、老婆になって亡くなりました…というストーリーになる可能性、98%です(当社比)。

人生は短いのです。
待っていると、いつまでも待っているだけで人生終わってしまう可能性大! 

創造するのは自分自身。まず先に仕掛けるのは自分、です。自分自身の意識を変えて、実際に何かしら少しずつでも動けば、その先の道筋はちょっとずつ見えてきます。

なんでも「待たずに」行動してみてください。すぐにやってみたら、何かが動きだすことを実際に感じられます。

ちなみに、「ふと」ひらめいたことは48時間以内に行動に移すと現実が劇的に変わるそうです。「ふと」ひらめくこと、というのは、目に見えないあちらの世界(ゼロポイントフィールドと言われる場所、根源・ソース)と繋がっているときに起こる現象だからです。
そのあとにあれこれ考えると、思考は必ずストップをかけてきます。

やりたいことがひらめいたときは、思考が働く前に、すぐにトライ!です。

---

それと、運動は本当に大切です。体を動かすことは日常的に意識してやっていきましょう。運動、つまりは、歩く・走る・踊る・泳ぐ…などをしましょう、ということです。

奈良で癒されたいなら、桜井の癒しの風ふうみ

今のご時世、体を動かさないせいで疲れている人が、本当に多いです。生物は動くことでエネルギーが回ります。つまり、体を動かさないでいるとエネルギーが動いていきません。

疲れているからと休んで寝てばっかりいても、疲れはなかなか取れませんよね。むしろ、気分が落ち込みやすくなったりします。休むんだったら、体をしっかり動かしてあげること
理由は、以下の動画がわかりやすく解説されているので、よければご覧ください。

 

《身体と心の「疲れ」の違い》


www.youtube.com

 

春は、体を動かしたり、行動をスタートするにはとてもいい時期です。
冬の間にため込んでしまった毒素・疲労・過去の不要なエネルギーを排出するのにも、動くこと・体を動かすことは効果的です。
今こそ、動いていきましょう。
動けば、感じ方が変わります。視点が変わります。視界が広がります。起こったことのとらえ方が変わります。

わたしも、実際に新しい流れの中で動き出してみて、いかに体を動かすことがエネルギーや運氣を動かしていくのに大切か、ということに氣付かされました。今後もどんどん動いていきます。自身の行動を広げるだけでなく、体ももっともっと動かしていきますよ~! あなたも、どうぞご一緒に。

宇宙にたったひとりの大切なあなたに。
いつもありがとうございます。

---

癒しの風ふうみ 公式サイト →

---

∞ “歓丹(かんたん)ヒーリング” 講座のご紹介

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、日本ならではのハンドヒーリング。魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法。あなたの本質と繋がり、相手の本質と繋がって行うシンプルなヒーリングです。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、1日でヒーリングが学べるマンツーマン講座『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。理論や手順より、体感覚・体験を大切にしています。自分や家族の心身ケアに『歓丹(かんたん)ヒーリング』をご活用ください。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net 

========

◎以前のブログ(ココログ)はこちらです↓↓
癒しの風ふうみの大和まほろば日記

大切なことをお伝えします。

こんばんは! 奈良桜井の癒しの風ふうみです。

2022年3月となりました。先日、1年前から構想していたある会の活動をスタートしました。その日の朝、ふとした瞬間にやりたい活動ができる悦びと感謝で胸がいっぱいになり、涙があふれてきました。いろんな形で助けてくださった人たちや、守護し応援してくださった神様・高次存在たちのおかげです。いつもお守りいただき、ありがとうございます。

今は少しクローズな形で活動しておりますが、もうしばらくしましたら、みなさまにも広くご案内をしていきますね^^

----

さて、今日は、大切なことをお伝えします。新型コロナワクチンのことです。
今まで、身近な人から聞かれた場合には思うところをお伝えし、「自分でちゃんと調べて、ちゃんと考えましょう」とも伝えていましたが、いろんな意味で待ったなしの状況になっていますので、ここでちゃんとわたしの意思表示をしておきます。

子どもに新型コロナワクチンは打たせてはいけません。

大人はご自身で選択しているのだから、いいのです。でも、子どもは親に従うしかありません。子どもへのワクチンは、リスクが高すぎます。将来的な安全性がわかってない治験中のものを、未来のある子どもたちに打たせていいわけがありません。もっともっともっと慎重になるべきです。

情報を発信されている方はたくさんいるのですが(新聞にも意見広告が出たようですね)、以下の堤さんのサイトで発信されている意見広告は非常に問題点がわかりやすいので、ご覧になったことがない方は、ご覧ください(→新聞の意見広告のデータはこちら)。また、その次に紹介する「こどもコロナプラットフォーム」は、今の動き・情報がわかりやすくまとまっています。

---

新型コロナウイルス関連情報発信センター
jcovid.net

---

こどもコロナプラットフォーム
www.kodomocorona.com

---

新しいことを進めるときには、いろんな意見があって議論を尽くしてから進めるべきで、大切な未来を担う子どもたちのことなのに、この大切な件について、議論をすること、データを読むこと、それについて質問・意見をすることがむつかしい社会になっているようです。そこが一番問題です。

反対意見や対立する考え方が出せない社会になっていくと、それは危ない方向に社会が進む可能性があるということです。日本が戦時中、軍事拡張路線に入り「戦争反対」と言う人を非国民扱いし、ひきかえせなくなってしまったように。

もともと無言の圧力、同調圧力に弱い国民性です。でも、従順でおとなしい羊になってはいけません。わたしたち大人は、子どものためにちゃんと情報を収集し(御用学者しか出さないマスコミや政府の発信をそのまま信用してはいけません)、ちゃんと自分の頭で考え、情報を精査すること。

そして、自分の直感をちゃんと働かせてください。直感が一番信用できます。なぜなら、直感は見えない高次の世界(自分の本質、宇宙の中心)から伝わって来るものだからです。

ちなみに、わたしは、インフルエンザをはじめとしたワクチン自体、直感的にはっきり不要だと感じているので、打つつもりは昔も今もこれからもありません。

情報は上記サイトなどにも出ていますし、海外の話を一例として出しますが、アメリカは昨年11月から12月にかけて5歳から11歳へのワクチン接種を約870万回も実施。アメリカの疫病対策センター(CDC)によると、子どもたちへのワクチン接種の結果、接種後の副反応は
1回目=54.8%、2回目=57.5%
と半分以上の子供たちが副反応を感じたり、症状が起こっており、2度目の接種の副反応では、10%の子供が登校できなくなっていることが公式発表されています(厚労省のサイトにも掲載されています。厚労省は、この割合を「問題なし」としているのです。半数以上に副反応の出る「治験中の」ワクチンって、本当に問題がないのですか? よく考えてみてください)。また、フロリダ州では、健康な子どもにはワクチン接種をしないよう勧告も出るようです。以下。

米フロリダ州、健康な子どもにはワクチン接種しないよう勧告へ(CNN.co.jp) - Yahoo!ニュース

ワクチンを打つと、もともと備わっている自然抗体が、ワクチンによってできる抗体に攻撃される可能性も広く指摘されておりますし、本来の自然免疫システムが機能しなくなると、これから新種のウイルスが出てきたとき(コロナでない強力ウイルスが出ると、窓を作られた方が予告されていますね)、免疫が働かず罹患する確率が高まります。他の病気になったり、ガンになったりする確率も上がるかもしれません。

子どもに限らず、ウイルスをワクチンで防ごうとするより、自分の免疫を上げること、自然免疫をつけることが一番!です。

感染したとしても、薬で症状を抑えようとするのではなく、実際に治すのは自分の体。自分の免疫力ですからね。

---

ところで、よく知られるようになった、ナカムラクリニックの中村先生のブログ(以下リンク)。
中村 篤史/ナカムラクリニック|note

有名になられたので、非難している人も多いようですが、これを読んで「嘘ばかり書いている」と感じられるとしたら、だいぶ感性がおかしいことになっていると思います。先に紹介した 堤さんのサイト も同じく、です。

文章は、その人が発しているエネルギーが非常によく伝わります。エネルギーは嘘をつきません。読んでみて、その人の意識を「感じて」みてくださいね。

宇宙にたった一人の大切なあなたに。
ありがとうございます。
---

癒しの風ふうみ 公式サイト →
---

∞ “歓丹(かんたん)ヒーリング” 講座のご紹介

f:id:nyagohn:20180604013009g:plain

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、日本ならではのハンドヒーリング。魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法。あなたの本質と繋がり、相手の本質と繋がって行うシンプルなヒーリングです。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、1日でヒーリングが学べるマンツーマン講座『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。理論や手順より、体感覚・体験を大切にしています。自分や家族の心身ケアに『歓丹(かんたん)ヒーリング』をご活用ください。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net 

========

◎以前のブログ(ココログ)はこちらです↓↓
癒しの風ふうみの大和まほろば日記

体ガチガチなあなたへ~購読しているメルマガから

こんばんは! 奈良桜井の癒しの風ふうみです。

冬という季節でもあり、こんな社会情勢でもあり、なのでしょうが、最近突然の不調にみまわれている方が続出しています。そんなお客様で多いパターンが、自分では気づかないうちに疲れ切って体がガチガチになっている方。さらにひどくなると、突然倒れたり、急に高熱が出たりして寝込む方。頑張り屋さんの女性に多いです。

マスク生活・自粛生活も長くなり、呼吸が浅くなっていることもあるでしょう。ここ二年、普通に風邪もひけない状況(ひくとマズそうな社会情勢で)に体が耐え忍んでいたのが耐えられなくなり、喉に来る風邪をひいている人も多いようです(整体の先生曰く、「捻じれ風邪」といって身体が捻れて来るとなるそうです)。

ヒーリングを受けていただくと緩みますし、骨盤・骨格がゆがみすぎている人などには体の面からケアしてくれる整体の先生を紹介したりもしてますが、毎回合金フィギュア(!)のようになっている方も多いので、今日はわたしの購読しているメルマガから「ガチガチ女子に役に立つかも」という対談記事を紹介させていただきますね。

このメルマガは、高城剛さん発行の「高城未来研究所【Future Report】」で、わたしが今唯一購読している有料メルマガです。最初、高城剛さんの印象は、メディア・イメージがチャラすぎて(彼がハイパーメディアクリエイターとか言われてた頃のイメージ)胡散臭いやっちゃと思っていたのですが(←失礼)、彼の著書を読んでから、彼が大変な努力家で研究熱心、かつ、行動力に長けて見識の広い優秀なクリエイターであることがわかりました(文章の行間を読めば知的レベルがわかります)。メルマガの購読を始めたら、その内容の濃さにびっくり!  毎回知らない情報がいろいろ入っていて、本当にためになります。特に「真に健康になる方法」がいろんな角度からたくさん紹介されていて、どうしても精神世界寄りになってしまうわたしの視界を広げてくれます。

今回ご紹介する記事は、医師の小池先生との対談から。わたしが、「なるほど」と思った部分を赤字にして、以下転載しますね。
ちょっと長いのですが、体がガチガチな方、氣になる方、はお読みください。

医師 小池雅美先生
第2回「会話から読み解く病気のサイン」

---前略---

Future Report研究員:お話を聞くとメンタルが体調にかなりの影響を及ぼすということだと思いますが、先生に限らず、多くのクライアントさんも同じですか?

小池:メンタルをケアするとサプリが要らなくなる患者さんが多いんです。
現状はサプリを入れないと体が動かないくらい、エネルギーのロスが多いということなので。
みんな「嫌だけど○○しなくてはいけない」という義務感で動いていて、そこに体力を使ってしまうのです。

Future Report研究員:先生はクライアントを大勢見ていらっしゃると思います。
メンタルを変えていくためにどのようなことをなさっているのですか? 

小池:大体話すだけですね。

Future Report研究員:話すだけ?
コーチングみたいなことでしょうか。

小池:例えば「お母さんは好きですか?」と聞いたりしますね。
「お母さんという言葉からイメージするものを10個言ってください」と質問すると、母親関係のトラブルがある人はネガティブワードが出てくるか、言葉に詰まることが多いのです。
答えられないというのは、過緊張を起こしていて触れられたくないというサインです。
そういう人は「お母さん」というワードを聞くたびに緊張状態になります。
日中過緊張だとアドレナリンが出るので、肝臓のグリコーゲンはみんな出ていってしまうのです。
肝臓の充電がなくなると、低血糖を起こしやすくなります。
交感神経が亢進していると自覚症状が乏しくなりますから、そのまま動き続けてどこかで倒れたりすることもあります

Future Report研究員:まず、トラウマや「こうしなければならない」という思い込みを解いていくということだと思いますが、そのテクニックは心理学やコーチングともちょっと違う気がします。
どこかで学ばれたのでしょうか?

小池:独学ですが、似ているのはまごめじゅんさんが実践している梯谷先生のテクニックです。
いくつかのテクニックを参考にしていますが、カンセリング自体はその前からずっとしています。
私は相貌失認があって顔と名前は覚えられないのですが、パーツは見ているので変化がすごくわかるのです。
言葉に反応してパーツの動きに変化が起こるのを読み取ります。
表情が読み取れないぶん、精度が高いのかもしれません。

Future Report研究員:話しながら変化を観察していくわけですね。

小池:あえてカウンセリングでなくても食事をしながらのおしゃべりや、帰りの電車の中でも世間話をしながら過緊張の原因を探っていきます。
相手はいつ思い込みを解除されたのか気がつかないこともあります。
これを長期ですると皆さん変わっていきます。

Future Report研究員:変わっていくということは体調が良くなるということでしょうか?

小池:体調というか、人生が変わります。
必ずしも体調を上げる必要はないと思っているんですよ。
最終目標は幸せになることなので。
例えば心臓が悪いからといって、幸せになれないということはありませんよね。
手足がなくても人工呼吸器になっていても、幸せになって構わないのです。
どうして健康にならなければいけないのでしょうか?
健康はただのアイテムだと思うんですよ。
道具としての健康であって、健康が目標になっていたら絶対元気になりません。
健康な人は健康になろうと思いますか? 
「健康にならなきゃいけない」と思っている時点で不健康な人です。

Future Report研究員:思い込みに捕らわれているということですね。

小池:思い込みが強い人はずっと過緊張で疲れています
ところであなたは疲れていますか?

Future Report研究員:すごく疲れやすいです。

小池:低血糖や鉄欠乏の症状かもしれませんね。
今日の朝ご飯は何ですか?

Future Report研究員:今日は何も食べていないです。
ちょっと朝バタバタしていたので。

小池:自分のことどうでもいいと思っているんでしょう?

Future Report研究員:いえ、朝食べるとだるくなったり、眠くなったりもするので。

小池:「朝バタバタしていたので」という言い方は、「ゆっくりできたら食べた」ということですよね?
朝食を食べると不調になるのであれば、はじめから食べないという選択をすればいいのであってそういう言い方はしませんよね?
まず全身から「頑張ってます感」を出すのをやめようか?

Future Report研究員:え、出してます? 

小池:表情の硬さ、声のトーン、切迫した印象。
「こんなに頑張っているんだから、私を見て」みたいな感じですよね。
それはただのアドレナリン出過ぎによる症状ですよ。指先は冷える?

Future Report研究員:指先は冷えやすいですね。

小池:手汗は?

Future Report研究員:手汗は出ています。

小池:それは低血糖のサインです。
血糖値を維持するために交感神経が亢進しているときの症状です。
自分のネガティブな性格や体質と思っているものはただの症状です。
なんで朝バタバタするのがわかっているのに早起きしなかったの?

Future Report研究員:タイマーをかけても起きられなかったからですね。

小池:起きられないのは症状ですよね、ただの夜間低血糖ですよ。
日中ずっと緊張しているんじゃないですか。

Future Report研究員:どこから治していけばいいですか?

小池:そもそも治したいの?
今幸せだったら治す必要はないですよ。

 

▼無意識の刷り込みをどう外していくか

Future Report研究員:先ほどの話だと家族との関係が健康に影響を与えているということでした。
無意識のうちに刷り込まれているということですか?

小池:動物はお母さんに獲物を取ったり、「ここは危ないよ」と教えてもらったりします。
それを覚えるのが当たり前なんですよ。
でもDVなどやらなくていいことまでコピーしてしまいます。
それ自体は本能ですが、自分で気づいて外すこともできるんですよ。

Future Report研究員:先生にもご家族からの刷り込みはあったのですか?

小池:かなりえげつなくありましたね。
父親にされて嫌だったことを子どもにしてしまったこともありました。

Future Report研究員:その刷り込みはどなたかに外してもらったのでしょうか?

小池:自分でだんだん気がついていった感じですね。

Future Report研究員:何かきっかけがあったのですか?

小池:いろいろありますが、最初は「仕事についてどう思う?」と聞かれたことですね。マッサージの先生にたまたま聞かれたのです。それに答えていったら仕事やお金という言葉に対して「苦しい」とか「つらい」という言葉がたくさん紐付いて出てきたんです。
そのことに自分で笑っちゃって。「お金をもらうのが怖い」「働くのも嫌だ」と思いこんでいたことに気がつきました。
多分その経験からアレンジしているんだと思います。

Future Report研究員:ふとしたことがきっかけで、メンタルブロックを自分で取ったということですか?

小池:かなり取っていますね。
たくさん本を読んで勉強もしましたし、歩きながら気づくこともあります。

Future Report研究員:普通の人はなかなかそれができないと思います。
読者のために何かもう少し具体的なヒントを教えていただけませんか?

小池:まず朝起きたときに「あれをしなきゃ」「これもしなきゃ」と思うとアドレナリンがバンッと出ます。
「しなければならない」というのはしたくないというニュアンスを含んでいます。
それだけでグリコーゲンの充電が出て行ってしまうのです。
イヤイヤ行動しているとエネルギーが放電されるから、夕方には疲れきってしまいます。
その状態が当たり前と思っているとエネルギーの浪費が続きます。
「嫌いだけどやる」と自覚して選択するのはアリなのです。

Future Report研究員:やるかやらないかの選択肢は自分にあると考えるんですね。

小池:それだけで全然変わってきますね。
嫌だと自分が知っていれば対策が立てられるんです。
「もっと楽するためにはどうすればいいのかな」と考えたり「嫌なことを頑張ったからおいしい物を食べちゃおう」とご褒美を与えたりできます。
当たり前だと思っているとそこが置き去りになってしまうのです。

Future Report研究員:自分を大切にできなくなるのですね。

小池:とくに日本では女性は自己犠牲が当たり前になっていて、自分を痛めつけている人が多いです。
その思い込みを外してあげないとずっと緊張しているし、お腹も動かないんですよね。
何万円、何十万円もサプリを入れても絶対に効きません。
サプリを入れたところで嫌なことをするためにエネルギーや栄養を使うわけですよ。
無駄じゃないですか?

Future Report研究員:エネルギーの消費量が大きすぎて、体をつくることに栄養が回っていかないわけですね。

小池:自分の行動を選択できるという概念がないままサプリを入れると体調が上がってもっと我慢できるようになるので、最悪自殺まで追い込まれかねません
例えばブラック企業に勤めている人が、「だるいから」といって鉄剤やタンパク質を入れたら、体は動くようになりますよね。
ますます無理が効くようになるので雇用主はさらに仕事を与えます。
どんどん睡眠時間が短くなってサプリの量が増えます。
にっちもさっちも行かなくなって、そこから逃げるには死ぬしかなくなるんですよ。
栄養療法は我慢させるための手段ではないし、目的が違うと思います。

Future Report研究員:健康を目指していたはずなのに不幸になってしまうのですね。

小池:私たちは奴隷になるために栄養を薦めているわけではないのです。
その人が幸せにならないのであれば、サプリは一切飲む必要がありません。
ブラック企業にいる人に「なんでその会社辞めないの?」と聞くと、だいたい「仕事は好きなんだけどね」「仲間はいいんですけどね」という言い方をします。
その言葉が出た時点でその会社は辞めるべきです

Future Report研究員:どうしてですか?

小池:自分に言い訳しなければ居られないような会社だからです
そういう人は会社に対して仕事に関する交渉もできていないし、業務の改善点も絶対言わないはずです。

Future Report研究員:ひたすら我慢してしまうのですね。

小池:その仕事を辞められたとしても、新しい職場を選ぶときに時給で見るんですよ。
どうせブラックだったら時給が高いほうがいいじゃないですか。
でも一番給料が安いところを選んでしまいます。

Future Report研究員:自信がないからですか?

小池:そうですね、でも自信のなさはただの低血糖の症状です。

Future Report研究員:血糖を安定させれば自信がつくということですか?

小池:下がった血糖を上げるためにアドレナリンが出るのですが、それが不安をかきたてるのです。
血糖値を安定させるだけでかなり落ち着きます。
治療法として最初ははちみつ水を飲ませたり補食をとらせたりして、食事で徹底的に血糖値を安定させるんですよ。
そうするとアドレナリンが出なくなるので肝臓にグリコーゲンがチャージできます。
チャージできれば食べなくても良い時間が延びるので、補食やはちみつはほとんど必要なくなります。
もうちょっと代謝が上がると糖新生ができるようになります。
でも胃腸機能が弱い人は補食だけでお腹いっぱいになってしまうんですよ。

Future Report研究員:量を食べられないということですか?

小池:食べられない人は、はちみつ水からスタートします。
血糖値が安定した頃には不安感がなくなっていろいろなことにチャレンジができるようになるのです。

Future Report研究員:基本的には3食食べたほうがいいのですか?

小池:個人差がありますね。
肝臓のチャージ量で何食がいいのかは全然違います。
女性は鉄欠乏が多いのでどうしても自律神経が不安定になり血糖が安定しません。
女性で「食べないほうが動ける」と言う人は、食事すると血糖値を上げるためのアドレナリンが止まってかえって動けなくなっている場合が多いのです。

Future Report研究員:血糖値を安定させるために、朝ご飯を食べて補食を摂るのが良いということでした。
その次には何をさせるのですか?

小池:自分のことをあまり好きじゃない人が多いので、それをどうにかします。

Future Report研究員:基本的には会ったばかりの人のどこを見て判断するのでしょうか?

小池:顔つきや骨格に出ますよね。
例えばあごが細くてエラが張っている人であれば、成長期以前からの栄養不足と夜中の食いしばりがあります。
食いしばりは夜間低血糖の症状です。
グリコーゲンの貯蔵ができていないということは日中ずっと緊張しているからです。
無意識かつ長期間の緊張、それはほぼ間違いなく人間関係です
「人の目を気にする」という人間関係がどこで形成されたのかというと、たいてい親子関係です。
「いい子にしていないと親に心配かける」「嫌われる」「捨てられる」という思いこみが入っています。
家の中が不安定だったということなので、お父さんとお母さんの関係は破綻していたかもしれないなと推測していきます。

Future Report研究員:過去の因果関係は変えられませんよね?

小池:過去はこれまでの流れです。
「今からどうするのか」という視点が欠けている人が多いので、それを入れていきます。

関西でヒーリングなら、奈良の「癒しの風ふうみ」へ

Future Report研究員:カウンセリングに来られる方の大半は女性ですか?

小池:女性が多いですね。
女性は鉄欠乏の人が多いのでこじれやすいんですよ。
あと、日本は男尊女卑の意識がかなり強いので、そこでメンタルをやられてしまいます。
いまだに家長主義が強い家は男の子が大切にされて、女の子は「おまえはダメだ」という扱いになりがちです。
両親にはそのつもりはなくても祖父母や親戚が何気なく言ったことばが記憶に残っているケースもあります。
女の子は家族から捨てられないために、いろいろなことを頑張って、我慢するしかありません。
いい成績を取ったり弟の世話をしたりしても、長男が第一です。
逆にその負担が重くのしかかってメンタルをやられている男性もいます。
例えばとある地方では長男が墓を守っていかなければいけないので、どんなに成績がよくても県外の大学には行かせてもらえません。
地方の大学生のTwitterを見ているとそういう投稿がポロポロと出るんですよね。

Future Report研究員:先生はTwitterでもその人の内面がわかるということですね。

小池: SNS経由の依頼であればその方のタイムラインはざっと見ます。
食べている物や日頃の口癖が出てくるので、本人に会わなくてもだいたいわかります。

Future Report研究員:女性の場合はジェンダーギャップに苦しめられている人が大半ということでした。
そういう方は血糖値も乱れているのですか?

小池:本人は自分の性格の問題だと思っています。
血糖値が乱れているということは日中過緊張ということです。
その原因を外していくとだんだん良くなってきます。

ガチガチなあなたの氣付きとなりますように。

そうそう、先日の 歓丹エネルギーヒーラー養成講座 で、「体が何を言いたいのかを読み取る」というワークをしていたのですが、私の体(肩コリがひどかった)の訴えを、受講生のMさんに読み取ってもらったところ、「やりたくない~!って聞こえてきます。ちゃんとやりたくない、って声に出して言ったらいいみたいですよ!」と伝えてくれました。まさに!この記事の通りのことが起きていたのです。
やりたくないことをやりたくないと自覚していなかったこと、自分の体の声を聞いてあげてなかったから、肩がひどく凝ってエネルギーロスがひどくなっていたのです。

それ以降、わたしは、やりたくないことがあると「やりたくない~! いやだ~!」と言いながらやっています(笑)。誰しも人生、やりたくないことはありますものね。「やりたくない」と思うことは悪いことではないんです。自覚してちゃんとわかってあげたうえで自分が選択すれば、体は納得して緩んできます。

宇宙でたった一人の大切な自分。そんな大切な自分の体(と心)の声、ちゃんと聞いてあげてくださいね。

ありがとうございます。

---

癒しの風ふうみ 公式サイト →
---

∞ “歓丹(かんたん)ヒーリング” 講座のご紹介

f:id:nyagohn:20180604013009g:plain

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、日本ならではのハンドヒーリング。魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法。あなたの本質と繋がり、相手の本質と繋がって行うシンプルなヒーリングです。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、1日でヒーリングが学べるマンツーマン講座『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。理論や手順より、体感覚・体験を大切にしています。自分や家族の心身ケアに『歓丹(かんたん)ヒーリング』をご活用ください。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net 

========

◎以前のブログ(ココログ)はこちらです↓↓
癒しの風ふうみの大和まほろば日記

出力する癖をつける

こんにちは! 奈良桜井の癒しの風ふうみです。

あれよあれよという間に、新年1月を通り越して、旧暦新年になってしまいました(笑)。
みなさま、新年おめでとうございます!

わたしの体感覚としては、グレゴリオ暦の新年よりも、旧暦新年の方が本当に新年という感じでしっくりきます。今日はすがすがしい新しく心地よい風と光を感じています。なので本日は、このあと地元の等彌(とみ)神社に初詣に行ってまいります。(わたしは初詣は1月にはほぼ行きません。新年すぐあいさつに行くのは氏神様だけ。なぜなら、新年早々は詣でる人が多すぎて本来の神社のエネルギーを保っているところはほとんどないからです。)

さて、自粛ムードや同調圧力の強い今の日本社会で、本来持っているエネルギー量が多い人(行動的でポテンシャルが高い人)たちも、自由な行動・活動がしにくく、内にこもりがちになって氣持ちが沈んでいる方が増えているように感じます。完全に外向き方向のエネルギーの人(人がどうであっても自分は自分、というのが徹底している人)ならいいのですが、エネルギーの「受信する」能力のほうも高い(まわりがどう感じているかという「場を読む」感度が高い)敏感な人は、大変だと思います。自粛や行動制限・同調圧力でエネルギーが小さくなり、本来持っているエネルギーの行き場がなくなり、力を閉じ込めてしまうのです。

とにかく、自分自身を表現する機会を減らさないよう、体はしっかりゆるめて、どんな形でもいいので自分からのアウトプット(出力)を続けていきましょう! 外からの情報で身動きがとれなくなる前に、出力する機会を作っていってください(書く、描く、しゃべる、歌う、踊る、体を動かすなど、いろんな形で自分を表現する)。

人生の充実度は、自分の個性をどれだけ表現・発出できたか、に関係します。自分の個性を大切にし、ありのままの自分を素直に出すことをしていきましょう。出力する癖をつけていくと、自然に何でも出しやすく(表現しやすく)なっていきますよ!

わたしは今、出力することの一環(?)として、とあるコーラスグループに参加して歌っていますが、歌えば歌うほど歌いやすくなります(当たり前すぎますけど)。歌うことにトラウマがあって、歌う機会がなかった昔は歌おうとすると吐きそうになっていましたが(笑)、習慣にしてしまうとな~んてことありません。勝手にオートマチックに声がつらつら出てきます。

今は、社会情勢から、「動かない」「やめる」「分断・遮断」というのが癖になりやすい社会なんです。社会からやってくるそんな癖付けの波に乗っかってはいけません。

意識的に、いつも「動く」「はじめる」「つながる」を合言葉に、出力する癖をつけていきましょう!

出力の方法は、いろいろあります。自分の得意な分野で始めたらいいですよ。
YouTubeやTikTokなど、動画で表現するのもいいですね。

2022年。動きましょう! はじめましょう!つながりましょう!

宇宙にたったひとりの大切なあなたに。
いつもありがとうございます。

桜井市 等彌神社

---

癒しの風ふうみ 公式サイト →
---

∞ “歓丹(かんたん)ヒーリング” 講座のご紹介

f:id:nyagohn:20180604013009g:plain

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、日本ならではのハンドヒーリング。魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法。あなたの本質と繋がり、相手の本質と繋がって行うシンプルなヒーリングです。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、1日でヒーリングが学べるマンツーマン講座『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。理論や手順より、体感覚・体験を大切にしています。自分や家族の心身ケアに『歓丹(かんたん)ヒーリング』をご活用ください。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net 

========

◎以前のブログ(ココログ)はこちらです↓↓
癒しの風ふうみの大和まほろば日記

欲しい情報や望む未来は能動的につかみにいこう!

こんばんは! 奈良桜井の癒しの風ふうみです。

朝晩の寒さも厳しくなってきました。いよいよ12月、1年最後の月になりました。世界中が大きな変化の流れの中にある一方で、重苦しい社会の意識や同調圧力に引っ張られて、結局動けずに一年過ごしてしまった…とおっしゃる方が多いと感じる今日この頃。みなさまは、どんな一年でしたか?

年の後半になって、変化の動きが鈍くなった感じもします。集合意識でも、人との繋がろうとするより、分断意識の中にいる人(人との出会いや繋がりを共有せず一人でいる。つながらなくてもいい、このままでいい、という、いわば進化・変化をあきらめた人)が増えているのかもしれません。人間を含め、生き物は冬になって日照時間が短くなると、体力を温存するために動き自体が鈍くなる傾向にあるので、社会全体として、今の時期の大きな動きは期待できないかもしれません。

ただ、わたしたちひとりひとりが、受動的に漫然と生活していると、集合意識や一般のネガティブ意識に巻き込まれ、影響を受けやすくなるので、自分がどう生きたいのか、どんな世界で生きたいのか、これからどういう社会にシフトしていきたいのか、をちゃんと意図して、毎日を能動的に過ごしましょう。12月は特に来年からの流れに影響する時に入っていますので、これからどう生きたいのかにしっかりフォーカスしましょう!

自分自身に繋がり、自分の内側を確認したうえで、能動的に生活すること。
情報も、自分でどんな階層(次元)の情報を取得したいのかを意図してから取りにいくこと。受け身でいると、なだれこんでくる情報に先にやられちゃいます(受動的でいると、自分の意識レベルに合わない情報が、大波のように自分に流れ込んできていっぱいになってしまう)。

今は怒涛の情報時代なのです。今日、情報・知識はネットで探す人が多いでしょうが、ネットではあらゆる情報が収集・分析されていて、自分がどんなライフスタイルで、どんな金銭状況で、どんな仕事をしていて、どんな家族構成で、どんなことに悩んでいるか、趣味・嗜好まで、個人情報があらゆる角度から収集されています。そして、それに合わせて、わたしたちが目にする情報(ググった時の結果、表示されるニュース、広告など)も変えられているのです。メディアから発信される情報は実はとても偏っていて、浴びていると無意識にコントロールもされやすいです(日本の報道の自由度ランキングは世界で67位。伝わってくることは嘘八百だと思っていたほうがいいのかも?)。特に、今の流行り病に関る件は、リアルな情報はほぼ出て来ないようになっていますので(規制もかかってますし)、知りたい情報はググるのではなく、ダックダックゴーなどを使って検索するといいですし、そこに書かれている情報もちゃんと精査すること。

ヒーリング講座なら、奈良の癒しの風ふうみ

精査とは、受け取った後に自分の内側がどう感じるかを軸にして、虚偽を判断することです。「どこか違和感がある」「何かおかしい感じがする」「この人の情報ソースは本物の感じがする」…という自分の内側の感覚を信じることです。

そのためには、五感力を敏感にして高めておくこと。日頃から「体感」を大切にして鍛えておくことです。講座などでもよくお伝えしていますが、体が感じる「体感」というのは潜在意識と直結していて、信用できるのです。「体感」で感じたことは、頭や思考で受け取ることより、高次元で真理に近いものなのです。「体感」が鈍っていると、真実を受け取りにくくなります。エビデンスより「体感」重視でいきましょう。

  • 日々、五感(+六感)を高める生き方をする(自分自身に繋がる)。
  • 知りたい階層を意図して、能動的に、佳き情報を取得する。
  • 情報を受け取ったら、体感覚に従い情報を精査する。

いらない情報は即、断捨離。断捨離はすごく大切ですよ!
12月。家の断捨離だけでなく、情報面・意識面での断捨離も意識して過ごしましょう。
意識がスッキリしていると、未来からの情報もダウンロードしやすくなります。

ちなみに、わたしは「望む未来から情報をダウンロードする」ことをよくしています。そのためには頭の中をスッキリさせておくこと。最近、とてもいいアイテムを作っちゃいました(自作)。次回は、そのお話をしますね^^

宇宙にたったひとりの大切なあなたに。
いつもありがとうございます。
---

癒しの風ふうみ 公式サイト →
---

∞ “歓丹(かんたん)ヒーリング” 講座のご紹介

f:id:nyagohn:20180604013009g:plain

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、日本ならではのハンドヒーリング。魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法。あなたの本質と繋がり、相手の本質と繋がって行うシンプルなヒーリングです。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、1日でヒーリングが学べるマンツーマン講座『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。理論や手順より、体感覚・体験を大切にしています。自分や家族の心身ケアに『歓丹(かんたん)ヒーリング』をご活用ください。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net

========

◎以前のブログ(ココログ)はこちらです↓↓
癒しの風ふうみの大和まほろば日記

経歴や資格はその人のラベルにすぎない

こんにちは! 奈良桜井の癒しの風ふうみです。

全てのものはエネルギーであり、その人が発しているエネルギーが周りの現象を表面化させていく、とはよく言われる話です。

これからの時代は、なんでも “筒抜け” になります。
表面的に取り繕ったり、美しく見せたり、体裁を整えたりしていても、内側のものが表面にすぐでてきます。メッキがはがれていくのが早くなっています。

みなさんも経験があるのではないでしょうか。すごく立派な経歴が掲載されたホームページや美辞麗句が並んだ広告に触れて「すごい!」と思って実際に会いに行ってみたら「あれ? 全然思ってた感じと違う」「高額商品に誘導するだけで、役に立つ内容はなかった…」「お顔が全然違いますけど!!(アプリで加工しすぎちゃうのん…?)」的なこと(笑)。

今までは表だけちゃんとしてればそれなりに形になっていましたが、今は砂上の楼閣は、立つことさえできないかもしれません。

経歴に素晴らしい資格や肩書がたくさん並んでいても、それは、あくまでラベル。ラベルは、中身・本質とは違います。

関西でヒーリングなら、奈良の「癒しの風ふうみ」へ

また、何の資格を取ったか、どんな経歴があるのか、どれだけ財をなしたかは、自我にとっては重要なことかもしれませんが、魂にとってはそこまで大切なことではありません。
魂にとっては「自分がやりたいことをどれだけ経験したか」のほうがずっと大切なのです。人生の充実感や幸福感に繋がるのは、この「自分が」人生で経験したいと思ってきたことをどれだけ経験できたか、です。

また、今の時代、出したものはすぐに返ってきます。返って来るのがスピードアップしているのです。カルマ的なものも返って来るのが早いです。ですので、発するエネルギーにはご注意ください。いつも不満や怒りなどを周りに発信していると、それはすぐ自分にもれなく戻ってきて、ネガティブ感情が増幅することばかり起こっていきます。今の自分の内側、自分の意識が今後の周りの状態・起こることを決めていくのです。

生き方・働き方は多様化し、目に見えない非物質世界がますます身近になっていく時代。今まで敏感すぎて苦労してきた人たちも、あらゆることが“筒抜け”になるようになり、多くの人が同じように敏感になりつつあるからこそ、生きやすい時代になっていくと思います。

自分自神と繋がり、愛と光を発信していきましょう。
あなたの本質は、愛と光なのですから。

いつもありがとうございます。

---

癒しの風ふうみ 公式サイト →
---

∞ “歓丹(かんたん)ヒーリング” 講座のご紹介

f:id:nyagohn:20180604013009g:plain

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、日本ならではのハンドヒーリング。魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法。あなたの本質と繋がり、相手の本質と繋がって行うシンプルなヒーリングです。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、1日でヒーリングが学べるマンツーマン講座『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。理論や手順より、体感覚・体験を大切にしています。自分や家族の心身ケアに『歓丹(かんたん)ヒーリング』をご活用ください。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net

========

◎以前のブログ(ココログ)はこちらです↓↓
癒しの風ふうみの大和まほろば日記

答えをすぐに求めない

こんばんは! 奈良桜井の癒しの風ふうみです。

秋分の日を過ぎ、奈良はすっかり秋の様相になりました。今年はトンボをあちこちでよく見かけます。ここのところ、トンボの群れと美しい夕日、そんな大和の秋の風情を、ほっこり豊かに愉しんでいます。

さて、長引くコロナ禍で「本当の自分の幸せとは何か」「自分が何がしたいか」「わたしの生きるテーマは何だろう?」を考える機会となったことで、実際に生き方を「本質的な自分が求めているもの」に変えた方も増えているようです。

お客様からも「長年やりたかったことをスタートしました」「転職しました!」「晴れてシングルになりました♪」「念願の一人暮らしを始めました」等々、うれしい報告をよくいただくようになりました。 本当の自分で生きることを決意し、行動している人が増えていて、なんと素晴らしいことでしょう!ステレオタイプの幸せや物質的な幸せではなく、「本当の自分らしい」幸せを追求することができる、いい時代になりつつあるようです。

さて、自分を見直し、生き方を変えて今まさに行動を変えようとしている人に、わたしからちょっとアドバイスをさせてください。

それは、表題にあるように

答えをすぐに求めないこと

です。行動したあと、例えばすぐに結果が出なかったり、ちょっと問題が起こったりした場合に、「やっぱりやめとけばよかった」「変わった自分が悪かった」と行動したことを後悔しないで欲しいのです。なぜなら、地球ではタイムラグがあり、実現までには「それなりに」時間がかかる、ものだからです。だから、すぐに結果や答えを求めないことが、地球で生きるうえでは大切です。

---

行動が早いのはいいけれど、結果や答えをすぐ求めてしまうと、その実現までの課程に体験できる大切な「経験」もムダにしてしまうこともあります。

時々、「〇〇を〇〇したら覚醒できますか?」「〇〇していたらアセンションできますか?」「わたしの人生の最終目的を教えてください」と、すぐに、即効性のある方法や、人生の最終的な答え、明確な結果を求める方がおられます。

でも、答えがすぐわかる人生なんて面白くなくないですか?
もちろん、人生の意義や目的や進化を求めることは素晴らしいことです。ただし、
インスタントに成功や幸福を得ようとしないこと。

生きるということは、簡単でゲームのような攻略法があって、ササっとこなすことが大切なのではありません。人生は、もっと深く、味わい深いものです。

段階があって、ここでこういう経験をしないと次のステージに行けない、ここでこの人と出会ってこの経験をすることで次のやりたいことがはっきりしてくる、という具合に、人生がステージアップする仕組みになっているのです。ですから、すぐ答えや正解を探すのではなく、その過程を愉しんだほうがいいのです。なぜなら、経験をたくさんしたほうが愉しいですし、そうやって体験したことは本当の自分の知恵・叡智となるからです。

結果をすぐに求めないこと。
人生の答えを今すぐ知ろうとしないこと。
そもそも、答えがすぐわかる人生なんて全く面白くないです。

全て起こることには意味があります。出会う人にも場所にも、自分がすることにも全て意味があります。でも、その時は自分ではわからない。後になって「あっ、あの出来事はこういう意味があったのか」「あの経験は、今の自分のここに繋がっていたんだ!」「あの仕事をしたのは、このためだったのか!」と、全てが繋がって腑に落ちる瞬間があります。でもそのためには、課程と経験・時間を必要とします。人間はそういう仕様になっているのです。

何かあってすぐ「これはどういう意味ですか」「この答えはなんですか」とインスタントにいつも答えを求めていると、長いスパンでいろんなことを感じる・観て腑に落とすという過程を体験できません

ですから、楽に成功する・覚醒する方法を求めて、本を読んだり、youtubeやブログなどを観まくったり、セミナー・講座に通ったりしただけでは、求める最終的な自分というものに到達することはむつかしいです(笑)。

実際に、行動して、挫折して、すぐに結果がでなかったとしても、情熱を持って続けていくこと。体験を積み重ねること。そうすることで着実に自分の求める道を進んでいけますし、最終的な自分の人生の目標も、氣がついたら実現できていることでしょう。

答えは自分の中を探求していけば発見できる 癒しの風ふうみ 奈良のヒーリングサロン

そうそう、「目覚めたい」「覚醒したい」という思いの強い方は、神秘体験を求めたりされますよね。が、神秘体験は、安易にすると後がつらいです。神秘体験をしてワンネス意識や覚醒体験を体験した人が、感覚が通常に戻った時に(戻る人がほとんど)、生きるのが嫌になったり、覚醒意識が続かないことに絶望したり、覚醒意識だったときに使えた神秘的な能力が消えたことを嘆き続けたりと、わたしはそういう人を何人も見て来ました。反対に、日々自分のやるべきことを日常で積み重ねて、日々霊性を進化させて目醒めていかれた方は、急にガクンと奈落の底に落ちるようなことは決してありません。日々の積み重ねが大切なのです。霊的感覚(サイキック能力)も同じです。特別なことをインスタントに求めるより、日常に歓びを見出しながら着実に進んで行くほうが道は近いです。

地球ではなんでもそれなりに成就するまで時間がかかります。実現までのタイムラグを愉しむのが地球で生きる醍醐味でもあります。

すぐに結果が出ない。すぐに答えが出ない。だからこそ愉しいところもあるのが、地球ワンダーランド!
答えがすぐにわからなくても、わかる日が来ることをワクワクしながら、その過程を愉しんでいきましょう!

そうそう、ヒーリングの上達もそうですよ。「1日講座を受けてなんでもできるようになる」「伝授を受けて覚醒する!」なんてことをインスタントに目指すのではなく(笑)、いろんな方にヒーリングをさせてもらって練習し、自分で体験をコツコツ積み重ねていくと、間違いなくいいヒーラーになることができます。全く実践してないのに「講座を受けたけど、できません」「できているかわかりません」と言わないでくださいね。実践数が少ないとわかりにくいのは当たり前。体験や出会いはそれなりに必要です。

それでは、また。
同じ地球に同じ時代に生まれて来てくださって、関わってくださったあなたに、ありがとうございます。

---
癒しの風ふうみ 公式サイト →
---

∞ “歓丹(かんたん)ヒーリング” 講座のご紹介

f:id:nyagohn:20180604013009g:plain

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、日本ならではのハンドヒーリング。魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法。あなたの本質そして相手の本質と繋がって行うヒーリングです。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、1日でヒーリングが学べるマンツーマン講座『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。理論や手順より、体感覚・体験を大切にしています。
“手当て”の素晴らしさを、今こそ体験・体感してください。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net

========

◎以前のブログ(ココログ)はこちらです↓↓
癒しの風ふうみの大和まほろば日記