癒しの風ふうみの大和まほろば日記

『癒しの風ふうみ』は、奈良県桜井市で各種セラピー、カウンセリング、ヒーラー養成などを行っています。滋賀から奈良に移転して1年半になりました♪

自由にしたいなら、まずは基礎を。

◎以前のブログ(ココログ)はこちらです↓↓
癒しの風ふうみの大和まほろば日記

-------

こんにちは! 癒しの風ふうみです。

「自由にしたい」「自由に生きたい」「自由なスタイルでやりたい」…
何事にもとらわれず“自由”でありたい、という思いは、誰しもが持っている欲求かもしれません。

でも、“自由”にやりたいのならば、基礎力が必要です。
基礎ができてないのに、自由にするというのは、とてもむつかしいのです。
あなたが、ものすごい才能を秘めている天才であれば別でしょうけど。その天才であるエジソンさんも「天才は1%のひらめきと99%の努力である」と言われています。基礎を完全にマスターし、さらにたくさんの経験を積んだからこそ、天才のひらめきがやって来たわけなのです。

今日は、そんな“自由”のお話です。

---

わたしは今、趣味で草月流のお花のお稽古に通っています。草月流は華道の中でも、かなり自由で奔放な流派です(あの假屋崎省吾さんも草月流出身)。「個性」と「創造」を大切にし、自由にのびやかに、「わたしを生ける」というのが信条の流派なのですが、意外にも、わたしのような初心者のお稽古は、みっちり40回くらい連続で基礎の形(基本花型法)を黙々とやっていきます。自由な流派なので始めから自由に生けるのかと思いきや、先生曰く「自由に生けるために、基礎をしっかりする」、とのこと。基礎ができてないと、自由も自己表現も何もできないそうです。で、実際に、何度もお稽古をしていくと、この基礎が本当に大切なのだということがすごくよくわかります(空間の取り方、花の扱い方、長さの取り方・角度など)。

また、私は舞も大好きなので、今、太礼道道神楽伎流の「かぐらサイズ」に行って、舞の基礎となる体づくりをしていますが、舞も、基礎力がとても大切。
「さあ、自由に舞ってください!」と言われたとして、何かベースになる舞の型を何も知らないと、自由に舞うことなどできないのです。時々、舞のお師匠さんたちのワークショップに参加させてもらうことがありますが、「即興で舞う」「自由に舞う」というテーマの際、本当に自由に自分らしく舞えているのは、やはり何らかの舞の基礎をみっちり練習して身に着けてきた人たちです。日本舞踊でもサルサでもバレエでも社交ダンスでもインド舞踊でも(どんなジャンルでも)、基礎をしてきた人は、体も違うし表現の応用範囲が全く違うのです…!

体を治す治療の世界においてもそうです。基本的な身体のことをしっかり学んで知っているからこそ、それに自身の感性をプラスした効果的な治療ができるのです。
先日、野口整体をベースにした「智聖整体」や武道などで世界的に活躍されている治療家の 河野智聖 先生が、絵をテーマにした映画をご覧になった時に感じられたことをSNSで投稿されていました。

北派少林拳総合源流を伝授していただいた竜明宏老師は元は美術の先生であった。老子曰く「ワシは見本は描かん。描くとみんなワシの真似をしようとする。それじゃ良い絵は描けん」と話されていた。

絵というのは習うことで本人の自由な発想閉じ込めてしまう可能性があるのかもしれない。

とはいえ居合や琵琶という古典を学んでいると、自己流では絶対にたどり着けないなと思う。能や狂言、浮世絵と言った日本の古典といったものはほとんどが自己流では難しいだろう。

整体も同じく天才的な愉気の持ち主は現れても整体操法は学ばないと絶対に取得ができない。古人の伝統が集結しているからだ。

日本の伝統芸能と言うのは、受け継がれた技術や歴史をそのまま体に伝授され体得すると言う意味合いを持っている。
それを型に集約している。

西洋絵画とは言え、やはり基本を学び、そこから先は自分の世界を広げると言うのが正しい道なのかもしれない

竜老師はある程度学んだら、自分に合った拳法を創らなきゃイカンとおっしゃっていた。

何でもいきなり自己流でスタートするのではなく、まずは基礎をしっかり学ぶ。
それを完全にマスターしたら、自然と自分のスタイルで自由にできるようになっていくものなのです。それが、どうもこの地球の法則のようです。

 

もう一つ、こちらの記事もご紹介しておきます。伝説の芸妓 岩崎究香 さんの取材記事『"昇る人" "仕事ができる人"の共通点とは』です。

「個性を消すお稽古」をすることで「本当の個性」が垣間見える

私がお稽古を通して学んだ「個性」についてもお話します。舞妓さんや芸妓さんの「お稽古」は舞踊や振る舞いのお稽古をするのですが、「個性を消すためのお稽古」でもあるんです。それは、流派ごとに“型”があるからです。それぞれ流派があって、お師匠さんやお母さん(置屋の女将)に言われたことは絶対に守らないといけない。

例えば、歌舞伎を観に行って「カッコええな」と感じても、それをお稽古に出したら「あきまへん!」って叱られます。かといって、何もしないと「何を見てきたんえ!」って叱られますけどね(笑)。でも、こうやってお稽古を通して「個性」を消していくんです。

そして面白いことに、流派の教えを守って“型”をしっかりと身に付けると、自然と個性が出てくるんです。素直に“型”を受け入れて毎日お稽古に励むと、本当の個性が見えてきます。なので、「個性を作る」なんてもってのほか、個性は自然に出てきます。

なんでも、基礎力を身につけて、しっかりやってみると、その後に個性や創造力が生まれてきます。自分自身を軸とした新しいものや、自分らしいオリジナルなものは、その後に生まれてくるのです。

f:id:foomijp:20181020103307j:plain

なぜ今回こういうお話をしたかというと、時々、「○○○を受けたら、人にヒーリングを教えることができますか?」と、ヒーリングの講座を受けたばかり(もしくは、まだスタートしてもいない段階)で人に教えられるかと質問されたり、講座を修了したらすぐにヒーラーとして成功できる、と安易に思っておられる方がいるからです。

はっきり言って、一足飛びに考え過ぎです。
基礎を学んだら、すぐに能力が開いて開業し、お客さんがわんさかやってきてビジネスとしても大成功!なんてことは、なかなかございません(笑)。

何事も基礎をマスターしてから。そして、実践や練習をしっかりして腑に落としてからでないと、自分らしく自由にはばたいていくことはむつかしいです。籠の中の鳥さんも、飛び方や餌の取り方を知っていないと、外に飛び出した後に生きて行くのは大変です。

自由にしたいなら、まずは基礎から。

特に、目に見えないことを生業にする場合は、自分自身の本質との繋がりがしっかりしていないと(自分自身のグラウンディングと宇宙に委ねる感覚のバランスが大切)、いろんな影響を受けやすく、長続きしにくいものです。

あせって先々のことを考えるのではなく、自分自身に繋がりながら、愉しんで基礎からやっていきましょう!

それでは、また。
今日も宇宙に愛と感謝を。

ありがとうございます。

 ========

癒しの風ふうみ 公式サイト →

========

∞ “歓丹(かんたん)ヒーリング” のご紹介

f:id:nyagohn:20180604013009g:plain

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、てあての手法。手を触れて軽く触れながら行う、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法です。あなたの本質と繋がり、相手の本質と繋がって行うシンプルなヒーリングです。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、自分自身や家族・身近な人を癒したい人向けの『歓丹ホームケアヒーリング講座』や1日でヒーリングが学べるお手軽な『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあり、自由にご自身で選んでいただけます。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net

日本人には日本人にあった方法がある

◎以前のブログ(ココログ)はこちらです↓↓
癒しの風ふうみの大和まほろば日記

-------

こんばんは! 癒しの風ふうみです。

今日は、「日本人には日本人にあった方法がある」というお話です。 

今の時代は、一昔前に比べると、目に見えないエネルギーのお話やスピリチュアルな見方について比較的話しやすい時代になりました(もちろん、まだまだ一般的ではありませんけれど)。

今「ヒーリングを学んでみたい」と思えば、様々な講座が開催されていて、いろんな先生のいろんな手法を、ネットなどを通じて知り・探すことができるようになりました。

ヒーリングにも、ブームや流行があり、特にここ10年くらいの日本では、目的・効果をはっきりうたって、手法が確立している(テキストがしっかりしていて、受講したらその後、次から次へと上級の講座が出現するのが特徴…^^;)海外のいろんなヒーリング法が、かなりの広がりをみせています。私もいくつか習ったことがありますし、習ったいろんなメソッドをセッションに取り入れていたこともあります。ぞれぞれに特長があって効果もあると感じましたし、新しい手法を知ることはとても楽しいことでした。

しかし、最近思うのですが、根本的な「ありかた」の部分で、日本人(大和民族)には日本人の特性があり、日本人に向いているヒーリングは、海外のヒーリングとは違うように感じています(文化のベースも違うので、高次元存在や神様のとらえ方も結構違いますし)。

では、日本人に向いているヒーリングとはどういうものなのか、ということなのですが。

それは、

自分の本質と繋がっていることが大前提で、そのうえで、
相手の本質と繋がる

ということ、です。
抽象的になりますが、やり方・手順・方法にこだわるのではなく、まずは、自分自身が「どうあるか」を意識したものであること。

自分自身の本質に繋がった状態で、相手の本質を観ながら本来の状態に戻していく

そういう「ありかた」のヒーリングが、日本人には合っているように感じます。

何かの能力を得るためのものだったり、相手を変えようとしたり、何か自分ではない別のものになろうとするヒーリングは、日本人には本当に合っていません。

 f:id:foomijp:20181007001647j:plain

私のセッションを受けて大きな癒しが起こり、その後、
「どうやって問題がわかったんですか?」
「どうやってやったらそうなるんですか?」
と、時々どうやったのかを訊かれる方がいて、正直返事に困ってしまうのですが、それは、手順に決まったものがなく、人もタイミングもそれぞれで、説明はできないけれども「ただそうであることがわかる」場合や、自動的にそうなった、ということがほとんどだからです。

ただ、どういう意識を持つかという「ありかた」でしたらお伝えすることができます。私のヒーリングの各講座では、技術や手法より、その「ありかた」をお伝えしているところが多いです。

「ありかた」とは意識の持っていきようであり、どのような意識でやっているのか、そのエネルギー状態を体験して腑に落としてもらう、ということです。「ありかた」を意識すると、必要な癒しが自動的に起こります。決して「〇〇して△△したから▽▽になった」、ということではないのです。

「やりかた」ではなく、「ありかた」
講座の受講生さんでも、びっくりするくらいヒーリング能力が開く人は、決まったやり方(どうやってどうするのかという手順)にこだわるのではなく、「ありかた」を大切にして、宇宙やその人の本質と繋がって委ねてヒーリングを行う人です。手順やテキストを読みこんで、こうやってこうやって、と手順優先でやっている人は、そこからなかなか抜けることができません。わたしたち日本人だからこそ大和民族だからこそ持っている神性(霊性の高さともいえるもの)があり、そこを大切にすることで、相手の本質を生かせるヒーリングができるのです。

ヒーリングだけではなく、他の分野でもそうです。

例えば、チャネリングは、西洋式の高次存在(神や天使が多い)を召喚して行うチャネリングより、自然や大宇宙から情報を受信してきた大和民族ならではの神道形式(自分自身の本質や内側に深く繋がっていくやり方)のほうがしっくり来やすいです。

例えば、私のヒーリング講座でも取り入れている「かぐらサイズ」も、そういう大和民族の特質(自分の真ん中、魂、丹田意識を作って、そこから宇宙に繋がる)を大切にしたボディワークで、日本人にはとても腑に落ちやすく続けやすいです。

また、華道・茶道・武道などの、日本の伝統的な「道」も、丹田意識をしっかり作り、自分自身と繋がり一体化して行うという意味では、底に流れている意識の持ちようは同じで、日本人にとても合っています。

海外の目新しく明確なメソッドについつい目を奪われがちですが、先人から受け継いできた、日本人にぴったりの日本ならではの素晴らしい「ありかた」が日本にはあるのです。そこにももっと目を向けてみてくださいね!

私のセッションも講座も、“その人が本来の状態に戻ること” “その人の本質に繋がること”、を何より大切にしています。

それができたら、こちら側が何かを意図して癒そうとしなくとも、必要な癒しは必ず自動的に起こるのです。

 

そうそう。
「ことだまお手当て」をされている清水佐織里さんも、同じようなことを記事に書かれていました。こちらもよければお読みください。 ↓

ameblo.jp

今日も、本質のままで生きてまいりましょう。それが宇宙の総意です。

それでは、また。ありがとうございます。

========

癒しの風ふうみ 公式サイト →

========

∞ “歓丹(かんたん)ヒーリング” のご紹介

f:id:nyagohn:20180604013009g:plain

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、てあての手法。手を触れて軽く触れながら行う、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法です。あなたの本質と繋がり、相手の本質と繋がって行うシンプルなヒーリングです。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、自分自身や家族・身近な人を癒したい人向けの『歓丹ホームケアヒーリング講座』や1日でヒーリングが学べるお手軽な『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあり、自由にご自身で選んでいただけます。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net

【随時更新中】癒しの風ふうみ 現在の予約受付状況のお知らせ

◎現在の受付・ご予約状況のお知らせ
(最新版:2018年11月11日更新)

 癒しの風ふうみの最新のご予約受付状況をお知らせします。


現在、通常通りお申込みを受付しております。
なお、12月16日(日)までのご予約が満席となっております。

ただいま通常より予約が混み合っておりますので、ご予約はどうぞお早目にお願いします。

※ ただし、お急ぎ・緊急の方は、できるだけ早めの日程で調整させていただきます(緊急枠をご用意しています)。お急ぎの方は、お申込み時に急ぐ旨をお書きのうえ、日程をご相談ください。

======

癒しの風ふうみ 公式サイト →

======

f:id:nyagohn:20180604013009g:plain

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、てあての手法。手を触れて軽く触れながら行う、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法です。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、自分自身や家族・身近な人を癒したい人向けの『歓丹ホームケアヒーリング講座』や1日でヒーリングが学べるお手軽な『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net

 

生きる目的は自分で腑に落とすもの。やってみればわかる!

◎以前のブログ(ココログ)はこちらです↓↓
癒しの風ふうみの大和まほろば日記

-------

こんにちは! 癒しの風ふうみです。

先日富士山に登って参りました~! 山頂でご来光を…!と張り切っていたのですが、登山中7合目くらいからびっくりするくらいの暴風雨となり(風速20メートル&どしゃ降り)、完全にサバイバルゲーム化してきたので(笑)、8合目半付近で引き返しました。山頂には登れませんでしたが、今思い出しても笑えるくらいの愉しい体験でした。真っ暗闇の風速20メートルの風雨の中、岩肌を這いつくばりながら登るなんて、別次元のアドベンチャーのようでしたよ~!(笑)

下りた後に富士山を見たら、富士山は巨大な笠雲(UFO的な雲)にすっぽり覆われていて、ニュースにもなっていました。

weathernews.jp

富士山にかかっていた雲、ものすごかったです(中は暴風雨)~! スマホに収めた写真には天使や龍などもたくさん写っていたので、きっと当日は山頂で宇宙会議が行われていて、人間が登る日ではなかったのでしょう…(汗)。

 

それはさておき、閑話休題

「これは私の生きる目的でしょうか?」
「私の使命はこれでいいんでしょうか?」

これは、セッションでよくいただく質問ベスト2かもしれません。

合同会社アウワの鈴木さんのブログで、「ほんとそう!」ということが書かれていたのでご紹介します。ぜひ読んでみてください。↓

ameblo.jp

生きる目的は、頭で考えてわかるものではありません

自分で食べてみて「はぁ~!美味しい!」と体感してはじめてわかるのです。正解は自分にしかわかりません。そして、何事も、行動→体験→改良、です。

なんとなく氣になることがあるのなら、正解か不正解かを先に頭で考えてするか決めるのではなく、まずは味見する(やってみる)こと。やってみれば、それが自分に向いているか向いていないか、わかります。食べた時に、体が教えてくれるのです。体は潜在意識と繋がっているので、自分にとってプラスなものであるなら、細胞が喜び、軽く(おいしく)感じます。マイナスのものなら重く(まずく)感じます。

ただ、問題なのは…食べてみてもよくわからない場合。
味覚オンチ(感じることに鈍くなっている)になっていたり、自分の好み(好き嫌い)がわからない場合は、心身を整えていかないと、食べてみてもピンと来ないです。

心身がガチガチになっていて、自分を感じることに鈍くなっている人は現代人にとても多いのです。心身をゆるめ、自分の本質に繋がれるようになると、本当の味(自分の生きる目的)もどんどんわかるようになっていきます

 

ちなみに、私がセッションでまず第一にすることは、疲労を抜き、心身を浄化し、ゆるめること。
ゆるめないと、本当のところ(魂の答え、本質が望んでいること)は出て来にくいのです。ゆるんでリラックスできた状態であれば、ご自身の内側から答えを導くことは容易です。私がセッションでお伝えしていることは、ゆるんだ状態のその人の本質に繋がって、そこから発している情報をキャッチして表現しています。
セッション中はいろんな情報をお伝えしますが、わたしが答えを出しているのではなく、ご本人から出て来ているものを私が拾っているだけです。

ゆるめることができたら、そのセッションはほぼ100%成功ともいえます。本来の状態に戻れば、必要な情報はどんどん出て来ますし、ご本人でも「本来の感覚に戻った」ということが感じられても来るでしょう。本来の自分に戻りさえすれば、必要なことが起きているだけで、本当はなんの問題もないことが、ご自身でもわかると思います。そして、「生きる目的」も感じ取りやすくなってきます。

その人の本来の状態にできるだけ戻すこと…それが私がセッションを行う目的のひとつでもあります。

f:id:foomijp:20180914094752j:plain

いずれにしても、何かをすると決めて、する前にあれこれ頭で考えないこと。やってみる・体験してみればわかるのですから。

何かピンと来るものがあってすることを決断した後、あれこれ頭で考え過ぎて不安になり、やめてしまわないことも大切です。思考は、本当はそこにないものを生み出します。頭で考えれば考えるほど、不安というのは増長されていくものです。

ピンと来たり、直感でひらめいたら、即行うこと。その癖をつけていくといいです。そうすれば、直感でピンと来たことが、いかに自分自身の“魂的なひらめき”から来ているのかがよくわかるようになりますよ! ピンと来たりひらめいたこと、というのは、自分が自分の本質的な部分と繋がっている時に起こることだからです。

時々、そんな「ピン!」と来る直感に従ってセッションやイベントを申し込まれた人が数日たってから「よく考えたんですが、いろいろ不安になってきたのでやめます」とキャンセルされる方がおられます。もちろん、キャンセルすることが悪いことではありませんし、氣持ちが変化することがあるのは当然です。でも、決めた後に迷ってやめてしまいがちな方は、いろいろ生きづらいのではないかと思うのです。

決めた後に、考えて考えて迷って迷ってしまう…ということは、例えば、仕事を決めても「本当にこれでいいのかな?」、進路が決まっても「もっと他にいいところがあったのかも…」、パートナーと結婚が決まっても「本当にこの人でよかったのかな?」、と迷いがちなのではないでしょうか。決めた後にあれこれ迷うということは、決断したときの自分自身を信用していないということでもあるのです。

人生は決断の連続です。毎回毎回自分が決めたことに迷っていては、ストレスばかりになってしまいます。もっと自分自身を信用して、自分の直感を大切にしてください。そして、ピンと来たことは、とにかくやってみましょう! やってみれば、ほんとにわかるのですから。何事も、レッツ・トライ!

 

本日もご自分の本質のままで生きてまいりましょう。

ありがとうございます。

 

========

癒しの風ふうみ 公式サイト →

========

f:id:nyagohn:20180604013009g:plain

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、てあての手法。手を触れて軽く触れながら行う、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法です。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、自分自身や家族・身近な人を癒したい人向けの『歓丹ホームケアヒーリング講座』や1日でヒーリングが学べるお手軽な『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net

【満席御礼】8/24(金)9/29(土)奈良で開催!『フラワーエッセンス体験講座~精霊の力を借りて深い自分を知る』

◎以前のブログ(ココログ)はこちらです↓↓
癒しの風ふうみの大和まほろば日記

-------

こんばんは! 癒しの風ふうみです。

暑い日が続いていますね!
このたびの地震や豪雨の被害に遭われました方、大変でらっしゃると思います。かつてないような猛暑、どうぞご無理のないようにお過ごしください。

さて、本日は、癒しの風ふうみで開催するフラワーエッセンスの体験講座のお知らせです。

フラワーエッセンスは、お花・植物の波動を水に移したもので、飲んだりスプレーしたりすることで、その植物の精霊の力を借りて、わたしたちにいろんな氣付きをもたらしてくれます。植物の精霊たちがサポートしてくれるのです。
感情を癒すことが精霊たちはとても得意なので、特に、昔の古い感情が浮上してきて手放したいと思っている時や、変化の時に取り入れると、氣付きがどんどん促進され解放が早く進みます。

私も7年くらい前にフラワーエッセンスを知り、今回の講師である結(Yu-i)ちゃんに出会い、エッセンスを使ったセッションをしてもらってその素晴らしさに感動!
変化のタイミングでブレンドしてもらって飲むたびに、いつも涙がこぼれます。
植物は献身的にわたしたちとコンタクトしようとしてくれ、自分の内側の深い部分を理解して、癒してくれるのです。エッセンスを生活に取り入れることで、ためてしまっていた思いが癒され、その時々のテーマに向き合うことが容易になり、私自身、どんどん変化していきました。

今回、その結(Yu-i)ちゃんをこちらのサロンにお呼びし、フラワーエッセンスが初めての方向けの体験講座を、桜井で特別に開催してもらえることになりました。
フラワーエッセンスがどんなものなのか、使い方はどうするのかという基本的なレクチャーと、実際にフラワーエッセンスを自分で選び体験していただけます。

今回の体験講座で体験していただくのは、日本生まれの“和樂フラワーエッセンス。フラワーエッセンスは外国のメーカーのものがほとんどなのですが、こちらのエッセンスは日本のお花から作られていて、日本人にピッタリの波動で、心・体・魂の深いところに働きかけてくれます日本の今の植物たちのエネルギーで作られているので、日本の植物は、今の日本のこと、日本人のことをよく知って理解してくれています

フラワーエッセンスは体験したことがある、という方も、この“和樂フラワーエッセンス”をぜひご体験ください。日本の花々の素晴らしさに感動しますよ!

精霊の周波数を体験してみたい方、敏感すぎて生きづらかったりする方には本当にピッタリのサポートツールです。精霊たちが、今の自分自身を教えてくれます。

植物たちの繊細なやさしさと愛をぜひ体験・体感しにおいでください。

フラワーエッセンス体験講座 ~精霊の力を借りて深い自分を知る

f:id:foomijp:20180717232401j:plain

奈良の桜井でフラワーエッセンス体験をしていただけます

・開催日:2018年8月24日(金)、9月29日(土)
※両日満席となりました!
・開催時間:10:30~12:30
・定員:6名(定員になり次第〆切)
・受講費:7,000円(当日払)
癒しの風ふうみの講座の受講生・卒業生で、当日の午後から開催のヒーリング練習会(実践交流会)にご参加の方は5,000円です。

f:id:foomijp:20180717232540j:plain

当日は日本で作られたフラワーエッセンスを主に体験していただきます


フラワーエッセンスは大自然に咲くお花の力を利用して、私たちの心を癒す自然療法のひとつです。
この講座は、フラワーエッセンスを日々の生活に気軽に取り入れていただけるよう、簡単な説明と使い方、そして実際にエッセンスを選んで体験していただきます。
時には元気づけ、時には浄化し、時には気付きや変容を促すフラワーエッセンス。
自分を知り、自分らしい人生を生きる助けに、ぜひ体験してみてください。
選んだエッセンスはお持ち帰りいただき、活用していただけます(ミニ・エッセンスボトル付き)。

 

<ゲスト講師のご紹介>
フラワーエッセンス 結Yu-i 梅村和美さん(→公式ブログはこちら

フラワーエッセンスカウンセラー。マクラメ作家。
1968年東京生まれ、京都府京田辺市在住。
2008年にフラワーエッセンスに出会い、齋藤佐世子氏に師事する。自分を知る面白さと、世界が変わる素晴らしさに惹かれ、2011年末より屋号を結Yu-iとし、フラワーエッセンスカウンセラーの活動を開始する。現在、個人セッション、講座、イベント出店などを行っている。

---
フラワーエッセンス体験講座のお申し込みはこちらから
※両日満席となりました!(キャンセル待ちで受付中です)

---

結(Yu-i)ちゃんは、精霊そのもの!のような人。一緒にいると自然の中にいるように癒されます。精霊さんとも大の仲良し。精霊たちと会話し、オリジナルのエッセンスを作ったり、エッセンスを使ったセッションや講座を開催しているとても素敵な人です。
ぜひ、彼女に出会いにお越しください。

たくさんの方に、植物や精霊さんたちのパワーを感じていただけるとうれしいです。

f:id:foomijp:20180717232533j:plain

植物たちから学ぶことは本当にたくさんあります。特にわたしたち日本人は、昔から自然とともに生き、いろんなことを自然から教えてもらっていたと思います。現代は、自然との繋がりが薄くなり、それにともなって、わたしたちはいろんなことを忘れてしまっているのかもしれません。
与えられた環境で生きることの大切さ、地球すべてのものと共生すること、情報の伝え方・受け取り方、意識の繋がりの持ち方など、わたしたち人間ができなくなっていることを植物たちはたくさん教えてくれます。

植物や精霊の大好きな方、敏感すぎて生きづらい方、そして、植物や精霊と繋がって、本当の自分自身に出会いたい方、ぜひお越しくださいね! 

========

癒しの風ふうみ 公式サイト →

========

f:id:nyagohn:20180604013009g:plain

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、てあての手法。手を触れて軽く触れながら行う、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法です。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、自分自身や家族・身近な人を癒したい人向けの『歓丹ホームケアヒーリング講座』や1日でヒーリングが学べるお手軽な『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net

マイノリティであることは、なんら恥じることではない~映画『グレイテスト・ショーマン』

◎以前のブログ(ココログ)はこちらです↓↓
癒しの風ふうみの大和まほろば日記

-------

こんばんは! 癒しの風ふうみです。

はてなブログ」に引っ越ししました。いやぁ、使いやすい!!
老舗のブログサービスを長いこと利用していましたが、やっぱり若い会社が運営しているサービスは、新しい機能がどんどんリリースされていて使いやすく、軽くていいですね。『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である』と、ダーウィンのおっさん(知らぬ先人をおっさん呼ばわり)もおっしゃられておりますので、私も変化することを選択していきます~!

さて、先日やっと、話題作の映画「グレイテスト・ショーマン」を観に行って参りました。何回も観に行って何度見ても号泣!って人が多いようで、ロングラン上映中のようですね~。

この映画の主人公は、実在の興行師で、隠れて生きるしかなかった人たち(見かけが変わっていたり、体に障がいのある人たち)を舞台に上げて活躍する場を与えた P・T・バーナム です。影でしか生きれなかった人、隠れて生きるしかなかった人たちとともに行うショービジネス・サーカスを創り、一世を風靡した人物の生涯が、ドラマティックなミュージカル仕立てで描かれています。

映画を観た私の感想としては、この映画に感動する人がたくさんいて大ヒットしているということは、まだまだマイノリティ(社会的少数者)の生きにくい、世知辛い世の中なんだなぁ…と。

この映画が心に響く人が多いということは、今がまだ「マイノリティの生きにくい・理解してもらいにくい時代」「マイノリティであると、辛いことが多い時代」であるということです。

この映画を見て涙が流れるのは、誰もが持っている “人と違う部分” が反応して、「わたしのままでわたしの個性を大切にして生きよう!」と勇気がもらえるからです。
大反響になった劇中曲「THIS IS ME!(これが私)」に映画のテーマもよく表現されています。


ヒュー・ジャックマンも感涙!映画『グレイテスト・ショーマン』「This Is Me」ワークショップセッションの様子

マイノリティが、負けずに立ち向かって勝ち取って行く、という感覚はアメリカ的ですが。(アメリカ映画は、善悪の発想、そして「勝利」のテーマが好きですね)

19世紀のマイノリティが成功するストーリィでみんな感動、ってことは、今でもみんながマイノリティの部分を抑えていて、そこが強く反応しているってことです。自分のまま、その個性のままで生きるのはなかなかむつかしい、ということです。(誰しも程度の差はあれ、他の人と違うところ、マイノリティの部分を持っていますから。)

自分の人と違う部分を抑えてきたり苦しかったりした経験がある人、そして、今もそういう環境に身を置いている人は、勇気をもらえる映画だと思います。「ああ、本当に自分がやりたいことはできるんだ!」「人と違うところがあったって、自分自身を大切にして成功することは可能なんだ!」って。

この映画を誰が観ても、「いつの時代の話? 何当たり前のこと言ってる映画かしら…」という人ばかりになったらうれしいのですけれど。

どんなハンデキャップがあろうとも、見た目が違おうとも、身分も家柄も国も、上下・序列がなく、みんなと横の関係が築ける時代。そのままでみんな自分自身の能力が発揮できる時代。ひとりひとりの個性を尊重してみんなその個性を愉しんで生かせる時代。どんな相手とも気兼ねなく愛し合える時代。そんな世界が早く来ないかな~。(私の頭の中では、小さい頃からそういう世界なんですけどね。世間一般ではどうも違うようです。)

---

あなたはあなたのままでいいんです。どんなマイノリティな部分があろうとも、みんなひとりひとりが、宇宙で唯一の存在。
そんな自分の、どんなパーツだって大切な宝物です。他と違うところがあったって、それは輝く宝物のカケラなのだから。

---

表面的なものや見かけ・役職・家柄などの“ラベル”ではなく、相手の本質を見て感じることのできる人がもっともっと増えていくといいなと思います。

本質のままで生きている人。本質のままを見てくれる人。
そして、みんなが本質のままで、人間関係を深め、それぞれの違いをたのしみながら生きていく。

そういうことが当たり前の世界が、アセンションした地球、といえるのかもしれません。

表面的なことや財産・地位、顔もはいろいろ違うけど、み~んな等しく、死んだら骨になるだけです(笑)。要は、その人生でその人が何を経験したか・学んだか、がその人の魂の財産になるのです。

 

宇宙にたったひとりのあなたに、いつも、ありがとうございます。 

---

《おまけ》この曲、好き! Loren Allredの声がいい。ただいま練習中~!


The Greatest Showman - Never Enough (Vídeo con letra)

========

※ ただいまの受付状況のお知らせ

2018年6月7日(木)~15日(金)まで、農作業の手伝いで帰省するため、お休みをいただきます(この期間は不在ですので、緊急対応もできません)。
また現在、6月25日(月)までのご予約が満席となっております。お急ぎの方は、お申込み時にご希望の日程をお書きのうえでご相談ください。

========

癒しの風ふうみ 公式サイト →

========

f:id:nyagohn:20180604013009g:plain

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、てあての手法。手を触れて軽く触れながら行う、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法です。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、自分自身や家族・身近な人を癒したい人向けの『歓丹ホームケアヒーリング講座』もあります。『歓丹ホームケアヒーリング講座』は、ただいまリニューアルキャンペーン中。詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net