癒しの風ふうみの大和まほろば日記

『癒しの風ふうみ』は奈良県桜井市でヒーリング、各種エネルギー伝授、ヒーラー養成を行っています

違和感は慣れるとわからなくなる。ちゃんと自分を感じてみよう。

こんばんは! 奈良桜井の癒しの風ふうみです。

わたしは今、9月の到来とともに、とどまっていたものが一気に動き出る流れを感じながら、この記事を書いています。

去年3月から始まった、今までと違う社会。風の時代となり、大きく社会も変わるだろうと言われつつ、閉塞感と緊張感が長く続き、みなさんも「動くはずなのに動かない」感じ、「動けるはずなのに動けない」感じ、自分の行きたい方向があるのに、何かに引っ張られて長いこと停止させられているように感じていた方が多かったのではないでしょうか。

9月になり、ようやくオモリが外れ、加速度的に解放・自由への上昇が始まったように感じています。ブレーキをはずし、新しい世界にフワッと突入していくような、そんなワクワクを今感じています。何ものにもとらわれない、自由な自分でいること、リラックスして自分の道を進んでいくことで、一気に上昇氣流に乗っていけそうです。望む未来は自分で歩いてつかみとりに行かないと実現しません。地球は、行動ありき。さあ、軽々と進んでまいりましょう。

 ---

さて、今日は、違和感は慣れるとわからなくなる、というお話です。

今のご時世、イベントはことごとく中止になり、みんなマスクをし、お店に行けば必ず消毒、アクリル板で席は仕切られて、友達とおしゃべりすると注意される…、そんなちょっと前まで「ヘン」だったことが、今は普通になりつつあります。

人は慣れます。「変じゃない?」「おかしくない?」と思っていたことも、長く続いたり、みんながやっていると「そんなもんよね」になり、「ヘン」な行動でも受容して続けてしまう。「ヘン」だった違和感は消えていきやすくなります。

今の社会を、あらためて冷静に俯瞰して見てみてください。
ツッコミどころ、満載ではないですか?

一つ取り上げるなら、マスク。

花粉症などでよくマスクをつけていた人以外は、初めて着けた時、みんな「苦しい…! 早くはずしたい!」と違和感を感じていたはず。実際、呼吸はしにくくなるわけですから、苦しいと感じるのが普通です。

それが、今や「こんなところでマスクをする必要が?」というところでマスクをしている人のいかに多いことか。周囲に誰もいないのに外でずっとつけている人、炎天下でほとんど人とすれ違わないのにマスク姿で歩いている人、ジョギングなどの激しい運動をしながらマスクをしている人、畑で農作業をしながらマスクをつけ、一人で運転していてもマスク、バイクに乗ってもマスク、歌を歌うのにマスク。え? え? え?…それ、本当に必要なんですか? 苦しくないんですか?

ちなみに。マスクの効果を否定するわけではないですが、マスクの有効性は低いという論文も、実は多いのです。
(マスコミでは、富岳のシュミレーション結果を大きな根拠としていますが、こちらの記事こちらの記事 を読んでみてください。私はマスクに対する見解は、中村先生のこの意見がとてもしっくりきます。)

いろんなとらえ方や研究があり、マスクが無効とまでは言いませんが、マスクを何も考えずにずっとつけている、そして、着けていても何も感じない、ということは非常にマズい! …のですよ。
思考停止になってますし、生命を維持するために大切な呼吸が、深くできなくなります。そうなると、いろんな感度・センサーが鈍ってきます。

わたしは今コーラスをやっていて歌を歌う機会が多いのですが、「人は響き合わなければ生きていけない」という、ボイストレーナーのコウタローさんの書かれたちょっと前の記事、読んでみてください。↓↓↓↓
hanekoh.com

これはとてもとても大切なことです。

今、五感が鈍っておかしくなっている人が多すぎます。五感が鈍ると、直感(本質からのメッセージ)とも繋がれません。しかも、鈍っていることに気づかないのが大問題なんです。

ちなみに、エネルギー的な話をすれば、人間には自身が発するエネルギー磁場があり、常時チャクラ(360あると言われています)を通じて全身にエネルギーが流れています。手からよく出ますが、ハートや顔、目や息などからもたくさんエネルギーが出て周りに循環しているのです。愛のエネルギーも、手やハート、息からたくさん周囲に伝わっていっています。

呼吸が深いときはエネルギーもよく流れますが、マスクをしたり、アクリル板などが目の前にあると、呼吸は浅くなり、エネルギーが遮断されて伝わりにくくなることは明白です。心理的に圧迫感や閉塞感が出やすくなるだけでなく、「繋がりが絶たれているような感じがする」「わたしは独りぼっちだ」という孤独感も増幅しやすくなります。

五感というのはとっても大切なセンサーです。感覚が鈍って視界が狭くなっていくと、その先にあるのは、なんでもコントロールされて従ってしまう奴隷、です。

もっともっと、ちゃんと自分を感じましょう。
もっともっと、自分の五感を大切にしましょう。
もっともっと、自分の違和感を大切にしましょう。
もっともっと、リアルな触れ合いを大切にしましょう。

苦しい時のカウンセリングとヒーリング 癒しの風ふうみ 奈良

今自分が何を感じているのかをちゃんといつも意識し、主体的に行動すること。自分の真ん中(神性、真我)は、全てのこと(真理)を知っています。自分の真ん中と繋がり、自立して自分の意思で選択して行動すること。周りにあわせるのではなく、自分を主体的に生きること、です。

でも。こんな大変な時代のようですが、ちゃんと自分の真ん中に繋がって生きる人には、とても愉しい時代になりますよ^^ 自分の思ったことが実現化しやすい時代ですから。

真の自分を生きることの歓び、自分で創造していく歓びを、これからもわたしはヒーリングを通して伝えていきたいと思っています。

それでは、また。ありがとうございます。

---
癒しの風ふうみ 公式サイト →
---

∞ “歓丹(かんたん)ヒーリング” 講座のご紹介

f:id:nyagohn:20180604013009g:plain

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、日本ならではのハンドヒーリング。魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法。あなたの本質そして相手の本質と繋がって行うヒーリングです。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、1日でヒーリングが学べるマンツーマン講座『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。理論や手順より、体感覚・体験を大切にしています。
“手当て”の素晴らしさを、今こそ体験・体感してください。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net

========

◎以前のブログ(ココログ)はこちらです↓↓
癒しの風ふうみの大和まほろば日記