癒しの風ふうみの大和まほろば日記

『癒しの風ふうみ』は、奈良県桜井市で各種セラピー、カウンセリング、ヒーラー養成などを行っています。滋賀から奈良に移転して1年半になりました♪

生きる目的は自分で腑に落とすもの。やってみればわかる!

◎以前のブログ(ココログ)はこちらです↓↓
癒しの風ふうみの大和まほろば日記

-------

こんにちは! 癒しの風ふうみです。

先日富士山に登って参りました~! 山頂でご来光を…!と張り切っていたのですが、登山中7合目くらいからびっくりするくらいの暴風雨となり(風速20メートル&どしゃ降り)、完全にサバイバルゲーム化してきたので(笑)、8合目半付近で引き返しました。山頂には登れませんでしたが、今思い出しても笑えるくらいの愉しい体験でした。真っ暗闇の風速20メートルの風雨の中、岩肌を這いつくばりながら登るなんて、別次元のアドベンチャーのようでしたよ~!(笑)

下りた後に富士山を見たら、富士山は巨大な笠雲(UFO的な雲)にすっぽり覆われていて、ニュースにもなっていました。

weathernews.jp

富士山にかかっていた雲、ものすごかったです(中は暴風雨)~! スマホに収めた写真には天使や龍などもたくさん写っていたので、きっと当日は山頂で宇宙会議が行われていて、人間が登る日ではなかったのでしょう…(汗)。

 

それはさておき、閑話休題

「これは私の生きる目的でしょうか?」
「私の使命はこれでいいんでしょうか?」

これは、セッションでよくいただく質問ベスト2かもしれません。

合同会社アウワの鈴木さんのブログで、「ほんとそう!」ということが書かれていたのでご紹介します。ぜひ読んでみてください。↓

ameblo.jp

生きる目的は、頭で考えてわかるものではありません

自分で食べてみて「はぁ~!美味しい!」と体感してはじめてわかるのです。正解は自分にしかわかりません。そして、何事も、行動→体験→改良、です。

なんとなく氣になることがあるのなら、正解か不正解かを先に頭で考えてするか決めるのではなく、まずは味見する(やってみる)こと。やってみれば、それが自分に向いているか向いていないか、わかります。食べた時に、体が教えてくれるのです。体は潜在意識と繋がっているので、自分にとってプラスなものであるなら、細胞が喜び、軽く(おいしく)感じます。マイナスのものなら重く(まずく)感じます。

ただ、問題なのは…食べてみてもよくわからない場合。
味覚オンチ(感じることに鈍くなっている)になっていたり、自分の好み(好き嫌い)がわからない場合は、心身を整えていかないと、食べてみてもピンと来ないです。

心身がガチガチになっていて、自分を感じることに鈍くなっている人は現代人にとても多いのです。心身をゆるめ、自分の本質に繋がれるようになると、本当の味(自分の生きる目的)もどんどんわかるようになっていきます

 

ちなみに、私がセッションでまず第一にすることは、疲労を抜き、心身を浄化し、ゆるめること。
ゆるめないと、本当のところ(魂の答え、本質が望んでいること)は出て来にくいのです。ゆるんでリラックスできた状態であれば、ご自身の内側から答えを導くことは容易です。私がセッションでお伝えしていることは、ゆるんだ状態のその人の本質に繋がって、そこから発している情報をキャッチして表現しています。
セッション中はいろんな情報をお伝えしますが、わたしが答えを出しているのではなく、ご本人から出て来ているものを私が拾っているだけです。

ゆるめることができたら、そのセッションはほぼ100%成功ともいえます。本来の状態に戻れば、必要な情報はどんどん出て来ますし、ご本人でも「本来の感覚に戻った」ということが感じられても来るでしょう。本来の自分に戻りさえすれば、必要なことが起きているだけで、本当はなんの問題もないことが、ご自身でもわかると思います。そして、「生きる目的」も感じ取りやすくなってきます。

その人の本来の状態にできるだけ戻すこと…それが私がセッションを行う目的のひとつでもあります。

f:id:foomijp:20180914094752j:plain

いずれにしても、何かをすると決めて、する前にあれこれ頭で考えないこと。やってみる・体験してみればわかるのですから。

何かピンと来るものがあってすることを決断した後、あれこれ頭で考え過ぎて不安になり、やめてしまわないことも大切です。思考は、本当はそこにないものを生み出します。頭で考えれば考えるほど、不安というのは増長されていくものです。

ピンと来たり、直感でひらめいたら、即行うこと。その癖をつけていくといいです。そうすれば、直感でピンと来たことが、いかに自分自身の“魂的なひらめき”から来ているのかがよくわかるようになりますよ! ピンと来たりひらめいたこと、というのは、自分が自分の本質的な部分と繋がっている時に起こることだからです。

時々、そんな「ピン!」と来る直感に従ってセッションやイベントを申し込まれた人が数日たってから「よく考えたんですが、いろいろ不安になってきたのでやめます」とキャンセルされる方がおられます。もちろん、キャンセルすることが悪いことではありませんし、氣持ちが変化することがあるのは当然です。でも、決めた後に迷ってやめてしまいがちな方は、いろいろ生きづらいのではないかと思うのです。

決めた後に、考えて考えて迷って迷ってしまう…ということは、例えば、仕事を決めても「本当にこれでいいのかな?」、進路が決まっても「もっと他にいいところがあったのかも…」、パートナーと結婚が決まっても「本当にこの人でよかったのかな?」、と迷いがちなのではないでしょうか。決めた後にあれこれ迷うということは、決断したときの自分自身を信用していないということでもあるのです。

人生は決断の連続です。毎回毎回自分が決めたことに迷っていては、ストレスばかりになってしまいます。もっと自分自身を信用して、自分の直感を大切にしてください。そして、ピンと来たことは、とにかくやってみましょう! やってみれば、ほんとにわかるのですから。何事も、レッツ・トライ!

 

本日もご自分の本質のままで生きてまいりましょう。

ありがとうございます。

 

========

癒しの風ふうみ 公式サイト →

========

f:id:nyagohn:20180604013009g:plain

歓丹(かんたん)ヒーリング』は、魂が心と体がゆるみ、魂が歓ぶ、てあての手法。手を触れて軽く触れながら行う、歓丹(かんたん)で簡単(かんたん)な、癒しの技法です。『歓丹エネルギーヒーラー養成講座』の他に、自分自身や家族・身近な人を癒したい人向けの『歓丹ホームケアヒーリング講座』や1日でヒーリングが学べるお手軽な『歓丹ヒーリング・ワンデイ講座』もあります。

詳細はこちらから↓

www.kantan-healing.net